ファタクリング で要注意!2重譲渡はとっても危険!


ファタクリング 企業にファタクリング を依頼している方には頻繁に耳にするものだと思いますが、売掛債権の2重譲渡は非常に危険な行為だと皆さんはご存知でしょうか?ファタクリング は債権の譲渡にあたるものですが、この債権の譲渡には法的に様々な保護が行われていて、法令に違反してしまう行為を行うと事業の継続にとって厄介なトラブルが発生することもあり、非常に注意が必要です。ファタクリング できをつけたい債権の2重譲渡についてみなさんにご紹介いたします。

1 2重譲渡って何?

ファタクリング を利用するということはファタクリング 企業に対して売掛債権(売掛金を受け取る権利)を譲渡し、その分売掛金の額面から手数料を差し引いた金額を支払ってもらうという仕組みになっているのですが、この売掛債権をファタクリング 企業以外の他の企業にさらに譲渡する契約を結んでしまうことを2重譲渡と言います。このような2重譲渡は実は非常に法的に危険な行為で、このようなことを行なっているとやがて大きなトラブルを経験することになってしまいます。

通常のファクタリングの契約では2重譲渡を防ぐために契約時に2重譲渡の禁止条項が契約に盛り込まれているものだと思います。このような行為は絶対に慎みましょう。

2 2重譲渡の防止策があることに要注意!

2重譲渡が行われてしまうと企業にとっては債権がどちらにあるのかが不明瞭になり、法律上、債務者がどちらの債権者に対して債務の履行を行うのか不明確になり、契約の内容が不明瞭になってしまいます。このような状態を防ぐために一般的にはファタクリング を利用するときには債権の登記が行われています。登記というのは権利の所在を法的に保障する仕組みのことで、不動産の取引などで登記を行い、債権者を明確にすることがよく行われています。

登記が行われているので、新たに債権を譲渡したとしても先に登記を行ったものにだけ、債権が移転します。このような仕組みでファタクリング が行われることになっているので、2重譲渡を行わないように細心の注意をしておきましょう。

3 2重譲渡は高リスク

2重譲渡を行ってしまうとどのようなトラブルに発展するのか皆さんはご存知でしょうか。2重譲渡が発覚すると企業から得られる信用を全く失うことになり、継続して取引を行うことができなくなってしまいます。

また、債権に関するトラブルはファタクリング 企業からの信用を得ることもできなくなってしまうので、ファタクリング の利用も難しくなる場合があります。債権の取り扱いは非常に重要です。しっかりと信用を守りながら取引を行うようにしましょう。