資金調達に困ったらどうすべき?金融業以外にも手はあるの?


資金調達に困った時にどのような手段を取るべきなのかお困りの方もいるのではないでしょうか。事業資金を調達しようと思う時には金融業者に依頼を立てて資金調達を行う事が多いかもしれませんが、金融業の審査に通らない場合には金融業以外の資金調達を考えなければいけません。事業資金の調達に置いて欠かす事ができない金融業以外の資金調達法について皆さんにご紹介いたします。

 

1資産の売却は資金獲得の基本

資産の売却は資金を創出するときの基本的な手段です。資金が不足した時に資産売却を行う事で、バランスシートを悪化させる事なく資産を現金化する事ができます。このため、多くの企業で資金の調達のために様々な資産の売却を行うのですが、どうしても迅速性が無いので資金調達を行う上で、緊急の対応が難しくなってしまいます。

資産の売却を行うためには資産の買取専門の企業に依頼を立てて資産売却を行ったり、場合によっては銀行などの金融業者の関連企業に依頼を立てて資産売却を行います。

資産売却は大きな金額を一度に得る事ができますが、どうしても時間がかかります。使い場所を理解しておくように心がけましょう。

 

2ファクタリングで資金獲得

ファクタリングを利用した資金調達は近年非常に多くの企業で利用されるようになり、ファクタリングは徐々に当たり前の資金調達法になってきました。ファクタリングというのは売掛金を早期に現金に換えるサービスのことで、資産売却のように一度に多額の資金を獲得するのは難しいのですが、短時間で利用できるサービスというメリットがあります。ファクタリングを利用するにはファクタリング 企業を調べ、ファクタリング の申し込みを行い、審査を受けるだけなので負担は非常に小さいものです。資産売却のように資産の調査などを受けたり、買取先の企業を探したりといった手間はかからないので、多くの企業が利用を行なっています。

 

3ファクタリング 利用には知識が必要

ファクタリング を利用しようと思った時に一つ注意していただきたいのがファクタリング に関連する知識です。ファクタリング を利用するにあたりいくつか調査を行う必要があり、まず手数料と審査日数などの情報はしっかりと調べなければいけません。

ファクタリング 企業によって手数料も審査日数も異なっていますし、取扱の債権の種類も違います。しっかりと基本的な知識を身につけて利用を検討しなければいけないので、基本的な情報はあらかじめ確認するように心がけましょう。