短期で資金調達を実現するための方法とは?


経営するにおいて短期で資金を調達する必要性に迫られることもあるでしょう。そのような場合、銀行からの追加融資を利用しようと思っても、実際に資金を手元に得るまで時間がかかる上、審査が通らなければ利用できません。
そこで経営資金調達の方法として検討したい手法に「ファクタリング」があります。ファクタリングとはどのような手法なのか、特徴やメリットについて理解しておくと良いでしょう。

ファクタリングとはどのような手法?
ファクタリングはまだ回収されていない売掛金をファクタリング会社が買い取り資金化するというものです。
企業間での取引は現金払いで行われることは少なく、ほとんどが掛け売りでの取引になっているでしょう。しかし先に仕入れ代金の支払いがある場合など、手元に資金がなければ支払うことはできません。
売掛金の受取日のサイクルによって、売上はあがっていても資金が不足するという事態で資金繰りがショートする可能性もあります。
このような場合に活用したいのがファクタリングであり、先に売掛金を現金化することにより資金繰りの流れを改善させることができます。

ファクタリングのメリット
ファクタリングの最大の特徴として資金化のスピーディーさが挙げられます。最短の場合当日に現金化できるなど、比較的簡単に資金調達が可能となるでしょう。金融機関が融資に応じてくれないという場合でもファクタリングなら利用できる可能性があります。
さらにファクタリングは貸借対照表で負債にならないという部分でもメリットがあります。償還請求権なしの場合、取引先が倒産したことで売掛金の回収できなくなってしまっても負担する必要はありません。

仕入れを増やし利益を上げることも可能に!
売上が上昇してきたので仕入れを増やしたいとう場合でも、先の支払いの目途が立たないことでせっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。
このような場合に利用したいのがファクタリングですが、融資の場合にはもし仕入れたものの売れなかったら借金だけが残るという不安を感じる可能性もあります。
しかしファクタリングは、そもそも入金予定のある売掛金を先に資金化するという方法なので、安心して仕入れを増やすことができるでしょう。結果として利益を向上させることができることに貢献できる可能性が高まります。

売掛金が長期サイクルの取引先が多い場合は検討を
売掛金が支払われるまでのサイクルが1か月後など、短期的なスパンで取引をしている場合には資金繰りは比較的楽かもしれません。
しかし実際に手元に支払われるまでの期間が長いサイクルの取引先が多い場合、例え売上は黒字でも手元に資金がない状態が続くことで経費や借入金、買掛金などの支払いが滞る可能性が高くなります。
このような状態は黒字倒産を招く可能性がありますので、スパンが長い取引先が多い企業ではファクタリングを上手に活用しながら短期で資金調達することも検討していく必要があるでしょう。