資金繰り表の作り方と作成するにあたってのポイントとは?


会社のお金の動きを把握するために、資金繰り表を作成して管理することを考えたとしても、どのように作成すれば良いのかわからないという場合もあるでしょう。
資金繰り表は「繰越金+収入-支出=残高」という一連のお金の流れを収入や支出の項目に区分して示します。
毎月作成し続けることでお金の動きを把握できますので、実績と予定の2種類を作成して管理に活用しましょう。

実績資金繰り表の作成方法は?
資金繰り表のうち、実績を知るための資金繰り表を作るためには次の資料が必要です。
・現金出納長
・預金通帳(または出納長)
・月次試算表
・手形帳
・借入金返済明細
これらの資料を参考に、1か月分の仕訳データから現金と預金の動きが関係する取引を抽出する、もしくは現金出納帳と預金通帳を参考に作成することも可能です。

資金繰り表の収入欄に記載することは?
収入欄には借入金以外の現金や預金の入金について記載します。例えば現金売上、売掛金回収、受取手形取立・割引などでの入金です。
なお、現金と預金との間での振替は、収入とは関係ありませんので収入欄には入れないようにしてください。
ポイントとしては、収入欄に記載する金額は現金出納帳の借方と預金通帳の入金欄の金額であることです。

財務収入欄に記載することは?
財務収支欄に記載するのは、借入金による入金、そして借入金返済による出金です。財務収支は借入金で入ってきたお金から返済することで出た金額を差し引いた額ですが、企業の営業活動とは別で発生する金融面の収支と言えるでしょう。

支出欄に記載すること
支出欄は借入金返済以外で現金や預金から出ていったお金を記載します。例えば現金仕入、買掛金支払、未払金支払、支払利息、支払手形決済、人件費などその他の経費の支払いもこの欄に記載します。
ポイントとしては、支出欄に記載する金額は現金出納帳の貸方欄と預金通帳の出金欄の金額であることです。
その月の営業収支と財務収支の合計が収支過不足となり、前月繰越金額に収支過不足をプラスした金額が翌月繰越の金額です。
この翌月繰越の金額が月次試算表の現金や預金残高と一致しているかを確認しましょう。一致しない場合には資金繰り表に記載漏れがあると考えられます。

予定資金繰り表の作成方法は?
また、資金繰り表のうち予定資金繰り表については月次経営計画をもとに作成します。経営計画が出来たら売掛金や受取手形の回収割合、そして買掛金や支払手形で決済割合をこれまでの実績から見積もりましょう。
ただしあくまでも現金の出入りの予測のため、実際の売上や仕入の計上時期とはズレる場合もありますので注意して作成することが必要です。

資金繰り表を作成してお金の動きの管理を!
資金繰り表で会社の資金を管理していくことは、資金調達を円滑に行うためにも必要なことです。毎月しっかりと作成し、お金の動きを把握しておくようにしましょう。