中小企業が資金調達する上での課題とは?


日本の企業は9割以上が中小企業で、労働人口やGDPの大部分を占めています。まさに中小企業が日本経済を支えていると言えますが、重要な役割を担う中小企業にも多くの課題を抱えています。
特に効率的生産や成長を左右することになる資金調達は、中小企業が経営していく上で最も重要な課題と言えるでしょう。

中小企業の資金調達は困難なケースが多い?
しかし中小企業は大企業と比較すると、資金調達という部分では圧倒的に不利です。中小企業の資金調達の手段は銀行融資に依存している状況ですが、融資も十分な金額でない場合や貸し渋りにあうといった可能性もあります。そのため、資金調達手段を拡充していくなどが必要です。

情報開示費用の負担が大きくなる
中小企業の資金調達の課題を考える場合には、まず金融取引で生じる問題について理解していくことが必要です。
銀行から融資を受ける際には、企業は自社が優良な企業であることアピールするために財務諸表や事業計画書などを作成して提出します。しかし規模が小さい企業ほど情報開示費用の負担が大きくなるでしょう。

銀行から融資を受けるために
通常の融資は返済や支払能力が重視された信用力がものを言います。過去の財務情報が基本になるため、過去の実績が必要です。
しかし創業したばかりの企業などは、まだ実績がなく金融機関との信頼関係も築けていない状況です。
このような場合には、リレーションシップ・バンキングという手法を理解しておくと良いでしょう。

リレーションシップ・バンキングとは
リレーションシップ・バンキングは金融機関の経営手法の1つで、地域密着型金融ともいわれる手法です。
銀行と顧客の親密な長期での関係性を構築し、入手した顧客の内部情報をもとにして融資額や金利を設定します。
過去の実績など数値化された情報だけに目を向けるのではなく、時間をかけて構築された信頼関係から見える経営意欲や実行力、判断力、人脈といった数値ではあらわせない側面に焦点を当てて融資を行う手法です。
創業した際には、売上を自らで伸ばし利益を蓄積する時期に入るまでに時間をかけて銀行などとの信頼関係を構築しておくようにしましょう。

資金調達をスムーズにするには?
特に地銀や信用金庫、信用組合など、地域の金融機関のリレーションシップ・バンキングの場合、審査コストやモニタリングコストの軽減、リスクを適切に反映した金利設定がされるといったメリットもあります。リレーションシップ・バンキングの利用も視野に入れて、積極的に情報を提供していくようにしましょう。
地域の金融機関との信頼関係を築くことが必要ですので、基盤が強固になれば資金調達もスムーズになる可能性が高くなります。