石川でもファクタリングは可能?資金調達におけるメリット・デメリット

石川県は北陸地方の中部に位置する県で、東は富山県・岐阜県に、南は福井県に接し、北は能登半島で日本海に突出していることが特徴で、観光でも有名な場所です。

金沢市をはじめとする11市8町の計19市町で構成される県ですが、ファクタリングによる資金調達のニーズも高まっているエリアといえます。

石川を拠点とする中小企業も多く存在するのに対し、ファクタリング会社の多くは東京に集中していて、石川では資金調達に使いにくいと感じている経営者もいることでしょう。

そこで、石川でもファクタリングは可能なのか、資金調達に利用する際のメリット・デメリットについて解説していきます。

<h2>ファクタリングは中小企業の有効な資金調達方法

ファクタリングは、中小企業にとって有効な資金調達の方法です。

日本情緒あふれる街並みに伝統工芸品・温泉・新鮮な海の幸など、観光スポットも多い石川県ですが、6万を超える数の事業所があり、機械・繊維・食料品製造など工業も盛んに行われています。

しかし中には、売掛先から売掛金が入金されるまで資金繰りが心配という企業も少なくないようですが、そのようなときもファクタリングならスムーズに資金調達できます。

保有する売掛金をファクタリング会社に売却すれば、売掛先からの入金を待たずに現金化できるため、資金の不安を解消できます。

中小企業の資金の悩みとして挙げられるのは、次の3つです。

  • 売掛先の支払いサイトが長いため入金まで資金繰り悪化に陥りやすい
  • 売上が伸び受注も増えたため仕入れが必要なのに手元にお金がない
  • 銀行融資を受けたいのに審査が通らず資金を調達できない

手元のお金がうまく増えず、資金がショートすれば最悪の場合、たとえ黒字でも倒産してしまいます。

ファクタリングは中小企業が抱えている資金の悩みを解消できる方法のため、うまく活用することをおススメします。

ファクタリングで資金調達する際の流れ

ファクタリングは、企業などが保有している「売掛金」を使った資金調達の方法です。

売掛先から入金を待つことなく、ファクタリング会社に売却することで先に受け取ることができます。

入金されるまでの期日が長い場合でも、それまでの間にお金が足らなくなる事態をファクタリングで防ぐことも可能です。

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2つの契約があるため、ファクタリングで資金調達する流れを知るなら次の2つを理解しましょう。

  1. 2社間ファクタリングの流れ
  2. 3社間ファクタリングの流れ

2社間ファクタリングの流れ

「2社間ファクタリング」とは、利用者とファクタリング会社で契約を結ぶファクタリングです。

売掛先が契約に関与しないため、誰にも知られずにファクタリングで資金調達できます。

準備する書類や手続も簡単で、ファクタリング会社によっては即日現金化できるほどの調達スピードを誇ります。

その2社間ファクタリングを利用した場合の流れは以下のとおりです。

  1. ファクタリング会社に売掛金の買取りの申し込み
  2. ファクタリング会社による審査の実施
  3. ファクタリング会社から買取条件や契約内容などの提示
  4. 提示内容に合意後、利用者とファクタリング会社による契約締結
  5. ファクタリング会社から利用者に買取代金の入金
  6. 売掛先から利用者に売掛金の入金
  7. 利用者からファクタリングに売掛金の送金

2社間ファクタリングはすぐにお金が必要という場合に対応できる方法ではありますが、ファクタリング会社に支払う手数料は3社間ファクタリングより高めに設定されます。

3社間ファクタリングの流れ

「3社間ファクタリング」は、利用者とファクタリング会社、そして売掛先も契約に加わるファクタリングです。

売掛先に対し、ファクタリングで資金調達することを通知し、承諾を得ることが必要となります。

売掛金は売掛先からファクタリング会社に直接支払われるため、利用者を挟まず回収できることから手数料は低く設定されます。

ただし売掛先への説明や承諾を得る手続と調整などで時間がかかるだけでなく、関係性や取引にも悪影響を及ぼす可能性も否定できないことは留意しておきましょう。

3社間ファクタリングを利用した場合の流れは以下のとおりです。

  1. ファクタリング会社に売掛金の買取りの申し込み
  2. 売掛先に対する通知と承諾を得る手続
  3. ファクタリング会社による審査の実施
  4. ファクタリング会社から買取条件や契約内容などの提示
  5. 提示内容に合意後、利用者・ファクタリング会社・売掛先で契約締結
  6. ファクタリング会社から利用者に買取代金の入金
  7. 売掛先からファクタリング会社に売掛金の支払い

石川でファクタリングを活用するメリット

ファクタリングを使った資金調達は、石川にある企業にも大きなメリットがあります。

どの地方の企業がファクタリングを利用する場合でも、ファクタリング審査は売掛先の信用力が重視され、借入れではないため担保や保証人も必要ありません。

赤字決算や債務超過でもファクタリングを申し込むことはでき、貸借対照表を汚さず資金調達できるため、安心して利用できます。

石川でファクタリングを活用するデメリット

石川でファクタリングを活用するデメリットとして挙げられるのは、ファクタリング会社の多くが東京近郊に集中していることです。

そのため石川の中小企業がファクタリングで資金を調達する場合、信頼できるファクタリング会社が県内に見つからず、東京近郊の業者から選ぶことになってしまいます。

近隣にファクタリング会社がなければ、出張や郵送などで対応しなければならず、時間や費用が余計にかかってしまうでしょう。

石川でファクタリング利用する際の注意点

石川でファクタリングにより資金を調達するときの注意点として、ファクタリング会社選びが挙げられます。

ファクタリング会社の多くは東京近郊に集中しているものの、中部地方に営業所があるファクタリング会社なら、地域特有の事情も把握しているため円滑な資金調達につながります。

県内だけでファクタリング業を営むファクタリング会社も、地域密着型で安心して相談しやすいでしょうが、規模が小さければ資金力も大きくないため必要な資金をすぐに調達できない可能性は否定できません。

石川でビジネスチャンスは舞い込んできたけれど手元に十分なお金がなく材料の仕入れができないときという場合、そのようなときこそ中部エリアに特化しファクタリングサービスを展開しているファクタリング会社を選ぶべきでしょう。

ただし、

  • 全国対応可能の業務を選ぶ

ということは注意しておいてください。

全国対応可能の業者を選ぶ

本社は東京でも、中部エリアに営業所があるファクタリング会社なら、実績も評価も高く様々な事例に対応しています。

従来までであれば、石川でファクタリングを利用したくても、近隣エリアにファクタリング会社がないため諦めるか、東京近郊の業者に出張対応を依頼するしかありませんでした。

出張対応してもらえなければ、直接ファクタリング会社まで出向く必要があり、いずれにしても時間やコストがかかっていたといえます。

しかし現在では、オンラインで対応してくれるファクタリング会社も増えており、交通面で不便を強いられていた中小企業でも安心して資金調達しやすくなっています。

特に全国対応できるファクタリング会社なら、各エリアに支社または営業所があるため、地域の事情なども踏まえたサービスを提案できるでしょう。

石川でファクタリングを利用するなら、地域に密着したスタイルによる運営と、効率的で時間のかからない手続を可能とする全国対応可能なファクタリング会社を選ぶようにしてください。

まとめ

石川でもファクタリングで資金調達することはできます。

特に石川は機械・繊維・食料品製造など工業も盛んであり、売掛金に悩む企業の資金調達にファクタリングはぴったりといえます。

石川だけでファクタリング会社を運営している業者も、地域密着という部分では魅力であり、いろいろなことを相談しやすいでしょう。

しかし規模が小さければすぐに準備できる資金も限られ、即日対応できなくなる可能性も否定できず、ファクタリング会社に支払う手数料も割高になる場合もゼロではありません。

全国対応を可能とする規模の大きなファクタリング会社なら、東日本と西日本のどちらにもすぐに対応できるため、柔軟で安心した契約を結ぶことができます。

なお、当社にも各エリアに支社や営業所があり、中部地方なら愛知県名古屋市に営業所があります。

郵送やオンライン対応、出張などにも対応しているため、石川の企業でも安心して利用できますので、ぜひご相談ください。