苦しい赤字経営から脱却するにはどうするべきか?その方法とは


納める税金を抑えるため、わざと赤字経営を続ける会社もありますが、本来の会社経営の目的を見失ったままではいずれ倒産してしまうリスクを高めます。

黒字化したくてもできず赤字が続いているとき、どうすることで倒産リスクを回避することができるのでしょう。

そこで、赤字経営から脱却するためにはどうするべきか、その方法をご紹介します。

 

赤字だけで会社はつぶれるわけではない

会社経営では利益を出し、黒字状態が続くことが理想です。

ただ、赤字経営を続けていても、すぐに会社は倒産するわけではありません。実際、日本の会社全体の約7割は赤字といわれているほど、赤字経営の会社は多く存在します。

赤字決算とは収入を支出が超えている状態のことで、利益を生むことができず損失が発生している状況です。

利益といっても5つの種類があり、

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経営利益
  • 税引前利益
  • 当期純利益

のどの利益かによって赤字決算の呼び方も、営業赤字や経営赤字などに変わります。

といった呼び方に変わります。

 

赤字のとき倒産を防ぐにはどうするべきか

赤字は損失が出ている状態ではあるものの、その状況がすぐに倒産につながるわけではありません。

たとえ決算書が赤字だとしても、資金繰りさえ回すことができれば倒産は防ぐことができます

会社が倒産してしまうのは手元の資金が底をついたときで、従業員の給料が支払えなくなったり仕入れができなくなったり、銀行の借入金返済ができなくなれば倒産します。

そのため赤字経営だとしても、次の要件を満たすことで倒産を防ぐことが可能です。

  • 会社経営以外から収入を得
  • 手元の資金を枯渇させない

会社経営以外から収入を得る

仮に会社のお金がなくなったとしても、経営者が現金を保有しており、会社に対し貸し付けることで倒産を防ぐことは可能です。

手元の資金を枯渇させない

会社が経営者から借入れをする以外にも、銀行融資やビジネスローン、手形割引やファクタリングなど様々な方法で資金を調達し手元の資金を枯渇させないようにすれば会社は倒産しません。

 

赤字をどうするか迷わない会社もある

会社が納める法人税などの税金は、会社の収入=儲けに対して課税されます。

そのため、赤字経営を続けていれば納める税金の支払い負担を軽減できるため、敢えて赤字決算を申告する会社もあります。

事業に無関係の経営などを計上したり売上を抜いたりなど、節税ではなく脱税することは許されませんが、儲け分をできるだけ経費で削って税金負担を抑える節税手段はどの会社でも行っていることといえます。

また、赤字決算となった場合、青色申告であればその損失を翌年以降10年間繰り越すことができます

もし翌年度が黒字だとしても、前年度の赤字分が繰り越され残っていれば、利益を減少させ法人税など税金の支払い負担を軽減できることがメリットです。

これらのことから、たとえ赤字決算となってもどうするべきか悩むことなく、赤字のまま申告する会社もあるといえるでしょう。

 

赤字続きはいずれ倒産を招く

決算書が赤字というだけで会社は倒産しませんが、本来、会社経営は利益を生むことが望ましいといえます。

販売する商品やサービスの価値が認められニーズが高まれば、利益を生むことができるよう売上を増やすことができ、事業も拡大させていくことができるでしょう。

意図的に赤字にしている会社もあるでしょうが、健全経営においては黒字化させることは欠かせません

もし赤字脱却についてどうするべきか迷っているのなら、売上や利益の目標を立て、そのための戦略など練り直していきましょう。

赤字から脱却し黒字化させるためには、固定費だけでなく変動費も回収できなければなりません。

 

固定費や変動費を回収するために把握しておきたい指標

収入から支出を差し引いたとき、利益が発生する状態にするには、支出部分である固定費や変動費を回収できる状態を作ることが必要です。

そこで把握しておきたいのが損益分岐点売上高という指標です。

損益分岐点売上高は、赤字と黒字のちょうど境目になる売上高のことで、プラスマイナスゼロとなる売上高を指しています。

損失を発生させないために、最低限販売し売上を確保しなければならない金額を知る指標であり、利益額を達成するために必要な売上高を確認することができます。

 

支払いは先行することを忘れずに

会社経営で忘れてはならないのは、売上として計上された代金は数か月後、後払いで入金されるのに対し、仕入れ代金など支払いは先行するということです。

売上が上がり、損益計算書に利益が出て黒字になれば、ほっと一安心してしまう経営者も少なくありません。

しかし先にも述べたとおり、会社は赤字や黒字だからという理由で倒産するわけではなく、手元の資金が枯渇すれば倒産してしまいます。

赤字でも倒産しない会社がある反面、利益が出て黒字だとしても倒産するケースもあるということです。

収入よりも支払いが先行することは忘れないようにし、手元の資金は十分に確保しておくようにしてください。