ファクタリングを資金調達の方法として導入しようか迷っているなら


売掛債権を現金化させてキャシュフローを改善させようと考え、ファクタリングを新たな資金調達の方法として導入しようと考える企業も少なくありません。

これまでは融資に依存してきた資金調達の方法を、売掛債権という資産を売却することに変更すれば、今以上に負債を増やすこともなく資金繰りも安定させやすくなるはずです。

もし資金調達の方法にファクタリングを導入しようか迷っているなら、ファクタリングを取り入れることのメリットを知っておくとよいでしょう。

 

ファクタリングはどのような方法で資金を調達できるのか

必要な資金を調達するに留まらず、バランスシートをスリム化でき、キャッシュフローも改善させることができる方法がファクタリングです。

①売掛債権とは

売掛債権とは、サービスを提供したり、商品を販売したときに発生する売上代金のうち、まだ回収されていない分を請求できる権利のことです。すでに売上として計上されているものでも、代金が回収され資金化されなければ事業に使うことはできません。

②売掛債権回収までの期間はそれぞれ

しかし、売掛債権が回収されるまでのサイクルは取引先との取り決め次第なので、場合によっては数か月先というケースもあり、入金されるまでの間の支払い資金に不足が生じることもあります。

③まだ入金されていない売上代金を先に現金化

このような場合にファクタリングは有効で、本来入金される期日よりも先に売掛債権を現金化させ、資金を調達することが可能となるのです。

最短で即日や3営業日以内に現金化された資金が入金されるなど、迅速性も高い方法なので急いで資金を準備しなければならないというケースにも対応できます。

 

ファクタリングを導入するメリット

ファクタリングを導入することの大きな特徴は、借り入れを行うわけではないので審査で重視される項目が融資審査とは異なる点です。

融資における審査では、資金を貸し付けた後で利用者が返済を続けて行うことができるか、その返済能力が重視されます。利用者の信用力が低ければ、融資を行っても返済不能状態に陥るリスクが高いと判断され、資金を貸し付けてもらえない可能性も高いといえます。

しかしファクタリングの場合、審査で重視されるのは利用者ではなく、売却対象となる売掛債権の取引先の信用力です。信用力の高い取引先の売掛債権であれば、利用の際に設定される手数料も低くなるでしょうし、審査も通りやすくなるのでしょう。

債務超過や赤字決算でも利用可能

もし財務状況が悪化していて赤字決算である場合や、すでに債務超過の状態に陥っているという場合、さらには税金など滞納してしまっている…という場合でも、ファクタリングは担保や保証人なども用意することなく、利用できる可能性が高いということです。

返済義務も生じない

また、借り入れでないので返済義務を負わないのもメリットといえます。もし売却した売掛債権の取引先が倒産してしまい、期日に売上代金が支払われず、ファクタリング会社にその代金を渡すことができないという場合でも、利用者は弁済責任を負う必要はありません

万一の貸し倒れリスクも負う必要はない

リスクはすべてファクタリング会社が負う形で取引が行われるなど、様々なメリットがある資金調達の方法なので、もしこれからファクタリングを導入しようか迷っているのなら、まずは信頼できるファクタリング会社に相談してみましょう。