自営業者は資金調達が難しい?その理由と問題解決の方法


法人だけでなく、自営業者も事業を続けるためには資金の調達が必要です。

資金調達の方法として、まずは銀行からの融資を検討する方が多いかもしれませんが、民間の金融機関から自営業者が事業資金の融資を受けることは簡単なことではなく、仮に法人である中小企業でも難しい問題です。

 

なぜ銀行は自営業者への貸し付けに消極的なのか

自営業者や中小企業など、担保として提供できる価値の高い資産を保有しているとは限りません。

そのため、銀行も貸し倒れリスクを防ごうとするため、高い実績などから十分な返済能力があると判断できる場合以外、簡単に自営業者や中小企業には融資を行わない傾向がみられます。

メガバンクではさらにその傾向が高まる

全国展開している都市銀行などの場合は特に、顧客対象とみているのは大企業などですし、地方銀行でも地元で長く事業を継続する中堅企業などが主な顧客です。

そのように考えると、自営業者が融資を受けようとする場合は、よほど事業計画書が優れた内容でなければ借り入れできないということになります。

信用金庫なら借り入れ可能か

地域に密着して自営業者や中小企業などを応援する体制が整備されている信用金庫信用組合などであれば、比較的融資は受けやすいと考えられますが、必ずしも借り入れが可能になるとは限りません。

 

一時的な運転資金はどのように補う

通常は資金に不足が生じることはない場合でも、売上代金の入金や仕入れ代金の支払い日のズレなどが生じることで、一時的に資金が不足することもあります。

売上代金が入金されれば支払いもスムーズにできるのに…という場合でも、一時的な運転資金が必要となります。

しかし、自営業者の場合、その一時的な運転資金を銀行などから借り入れで補うことは難しい状況であるともいえます。

事業者向けローンなら?

事業者向けローンなどの場合、銀行などが行うプロパー融資などよりも審査のハードルが低く、比較的借り入れしやすいかもしれません。

銀行の事業者向けローンが難しい場合や、即日資金を調達しなければならないという場合には、ノンバンクの事業者向けローンを利用することもできます。

安易な借り入れは危険

しかし、問題となるのは金利の高さと、その後、返済義務を負うということです。資金力が弱い自営業者が高い金利で資金を借り入れしてしまうと、その後の返済負担が重くなってしまう可能性もあります。

結局、返済資金が不足することで、借金の返済を行うための借り入れを行うことになれば、借金に借金を重ねることとなり、自転車操業で資金がショートする可能性も出てきてしまいます。

 

自営業者でも借金を増やさず資金調達は可能!

借金を行わず、即日資金を準備するにはどうすればよいのか考えたとき、ファクタリングという方法も検討の視野に入れてみましょう。

ファクタリングは、信用力の高い取引先の売掛金を保有しているのなら、個人事業主や中小企業でも利用できる資金調達の手法です。

保有している売掛金をファクタリング会社に売却し、売掛代金が本来入金される予定だった日よりも前に現金化する方法ですので、資金調達後に返済負担に追われることもありません。

自営業者や中小企業も安心して利用することができるので、資金繰りを改善させることに繋げていきましょう。