売り上げが伸びてるのに資金不足!どうやって資金調達する?


売り上げが伸びているからさぞかし資金もあるのかと思いきや、気がついてみると売掛金だらけで資金が不足しているというのは多くの経営者の方が経験するものではないでしょうか。売り上げが上がるのは嬉しいものですが、その利潤が入るのは後になってしまうため、どうしても経営が危なくなってしまうことがあります。しっかりと経営を安定化させるために、詳しく資金確保手段について知識を身につけておきましょう。

1売り上げが伸びたら要注意!

スタートアップの企業や資金力が不足している中小企業の方に最も注意していただきたいのが実は売り上げが増加しているときのタイミングです。スタートアップや、資金力の不足している企業のような売り上げをあげるための投資費用の割合が、元々の資金に対して大きな位置を占めている企業の場合、売り上げが増加しているタイミングではその売り上げをあげた分だけ、先に材料費などの費用がかかっている分資金不足に陥りやすくなってしまいます。

売り上げがアップしているタイミングで起こる資金不足の危機を解消するにはもちろんあらかじめある程度の資金を確保して経営を行うことが求められますが、なかなかこのように経営を進めるのは難しいものではないでしょうか。このようなトラブルを回避するためには実はファクタリング などの資金獲得手段をしっかりと理解しておくことが非常に重要なのです。

2 ファクタリング で資金調達

ファクタリング というのは現在の掛取引の弱点である売掛金発生時の資金不足を解消するために頻繁に利用される資金調達手段で、売掛金を早期に現金に変えることで資金不足を解消する、ちょうど手形の割引と同じような手段と考えることができます。

ファクタリングを利用するにはファクタリング 企業にファクタリング の依頼を立て、審査を受けることになります。審査を通過した後にはファクタリング 企業独自の手数料の分だけ売掛金から差し引かれた金額が振り込まれることになるので、この手数料に注目するのは非常に重要なことです。資金が不足している時にはこのような資金調達手段をよく熟知し、資金獲得に活かすことでより経営が安定化します。

中小企業にとって資金不足は非常に厄介な存在だと思います。ファクタリング は銀行からの融資のように借金を抱えるわけではなく、キャッシュフローを改善することで資金確保を行う手段です。日本でも数多くの企業がファクタリングを利用しているので、しっかりとファクタリングについての知識を身につけ、有効活用して行きましょう。