キャッシュフロー計算書と資金繰り表の違いは何?利用法は?


資金繰りを考えるときに欠かすことができないのが資金繰り表とキャッシュフロー計算書です。資金繰り考えるときにはこの二つの表をうまく活用し、会社の経営状態を把握することが非常に重要です。キャッシュフロー計算書や資金繰り表は会社経営の基本です。資金繰り表とキャッシュフロー計算書の基本を理解するようにしましょう。

1キャッシュフロー計算書の基本

キャッシュフロー計算書というのは事業の利益ではなく、企業全体の現金の流れに着目した資金の把握指標です。営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの三つのキャッシュフローは互いに関連しあっていて、それぞれのキャッシュフローの値を分析することでどの部分にどのように資金が流れているのかを調べることができます。

資金の流れを一目でわかるようにするのがキャッシュフロー計算書の基本です。キャッシュフロー分析を行うことで、企業の現状や、企業の今後の予測が可能になり、経営方針を考えるときに一番重要な着眼点です。キャッシュフロー計算書はかなり有用な分析材料です。しっかりと分析できるだけの知識を身につけておきましょう。

 

2資金繰り表の着眼点

資金繰り表は企業内部の資金の流れではなく、企業内外の資金の出入りを明確にする計算書です。資金繰り表を利用するときには現金収入と現金支出の差額を計算するだけなので、計算自体は非常にシンプルです。

資金繰り表を利用すると、資金が不足しているのか、資金が潤沢に残っているのかを計算することができます。資金繰り表を利用して資金の流れを把握することで、資金の状態管理が容易にできます。資金繰り表を有効活用しておくと黒字倒産などのトラブルを解消することができます。

3重要なのは使い分け

資金繰り表とキャッシュフロー計算書の両方をどのように使うのかは企業の方針や経営者によって異なってきます。キャッシュフロー計算書は資金の分量には注目していないので、事業内部の経営状態の改善に利用するのが一般的です。営業成績の向上を目的にする場合や、営業利益に対する投資の割合を分析するときにキャッシュフロー計算書を利用するようにしましょう。

一方、資金繰り表は経営の安定度を調べるのに役立ちます。資金繰り表を利用すると資金の分量がわかるので、必要資金に対してどれだけの資金が残されているのかを考えるときに役立つ手法です。

資金繰り表もキャッシュフロー計算書もどちらも経営には欠かせません。目的別に使い分けを行い、経営の安定化に役立てましょう。