資金繰りに悪化に要注意!倒産を回避するにはどうすべき?


資金繰りと言うのは非常に悩ましいものではないでしょうか。資金繰りを考えるときにみなさんに気をつけてもらいたいのが資金繰りの悪化による倒産・手形の不渡りです。資金繰りをうまく切り抜けるには資金繰りの基本をしっかりと抑えておくことが非常に重要です。資金繰りのやり方を理解しておきましょう。

1資金繰りの基本は融資

資金繰りを考えるときに真っ先に試すべき方法が資金の融資です。資金を集めるときには銀行やノンバンクからの融資を受けることが一般的で、どの企業でも融資を利用して資金獲得を行うものでしょう。銀行からの融資というのは一般的に審査が非常に厳しく、資金を集めるのに様々な手段を必要とします。事業資金融資の審査のためにはまず事業計画書や返済計画書などの作成が必要になりますが、この計画の内容への要求水準は一般的に銀行の方が審査の基準が厳しく設定されており、ノンバンクのビジネスローンの方が設定金額が低く抑えられています。

銀行からの融資以外にも様々な方法があるので、銀行からの融資を断られたとしてもその他の方法を利用することで資金調達ができます。資金が不足しているときには可能な手段を試し、しっかりと安定した経営ができるように努めなければいけません。資金不足に陥った時のためにも、適切な資金繰りを行うように検討しましょう。

2資金不足をカバーする流動性

資金不足に陥ったときに注意しておきたいのが資金の流動性です。資金の流動性が確保できていると資金不足に陥ったとしても資金が早急に流れ込んでくるので、適切な資金の管理ができます。資金不足に陥ったときには資金の流動性を確保することができるように売掛金や手形などの支払いを停滞させている根本的な原因をしっかりと解消できるように気をつけなければいけません。資金不足というのは実は単なる不足という場合以外に流動性の不足という原因もあり得ます。資金が足りないと思ったときには資金の流動性をしっかりと確保するように努めましょう。

売掛金の現金化にはファクタリングなどの手段がありますし、手形の現金化にも手形の割引などの手段があります。ファクタリングは現在多くの企業で導入されている方法なので、しっかりと利用しておかなければいけません。ファクタリングなどの債権買取企業はお互いに似通っているように見えますが、それぞれの企業が様々なサービスの違いや手数料の差をつけ、企業間の格差がかなり広がっています。ファクタリング企業についてしっかりと知識を身につけるようにしましょう。