次の仕入れまで資金繰りが間に合わない!こんなときどうする?


資金繰りというのは非常に頭を悩ませるものです。次の仕入れが迫っているのに、その資金が不足しているというのは経営上よく起こりうるもので、このような状態になったらどうやって対応するのが一番いいのでしょうか。資金が不足しているときに緊急で資金確保をするにはある程度手段を抑えておかなくてはいけません。しっかりと基礎知識を身につけておきましょう。

1資金繰りの悪化を解消するのは銀行?

資金繰りを解消しようと考えたときにみなさんが考えるのはどのような対処法でしょうか。特に多くの企業で頻繁に利用されるのがおそらく銀行からの融資を受けることでしょう。しかし、この融資というのは非常に曲者で、いざ融資を受けようと思った時に確実に融資を受けることができるわけではないという弱点があり、より確実な資金獲得法をいくつか把握しておかなければいけないので、経営者の方の知識が非常に重要になります。

経営をする時にはこのような迅速な資金獲得の知識が非常に重要になります。適切な資金獲得法を理解しておきましょう。

 

2迅速な資金獲得

迅速な資金獲得の代表としてあげられるのがノンバンクからのローンです。最近ではノンバンクのビジネスローンのサービスが非常に拡大し、多くの企業がビジネスローンの借入を利用しやすい体勢が整っています。ビジネスローンの中には、金額次第で即日審査・即日支払いを受けられるものが登場しつつあり、このようなビジネスローンを利用した資金獲得は緊急の資金獲得や繋ぎ資金の獲得に役立ちます。しっかりと資金の獲得をするためには資金の確保先が必要になるので、適切な企業を利用しておきましょう。

 

3ファクタリングで資金獲得

ファクタリングを利用して資金獲得をするのも非常に便利な資金獲得法です。ファクタリングは売掛金を現金に換える資金獲得法で、資金が停滞しやすい売掛金を現金に換えることで資金を獲得することができます。売掛金というのは売り上げとして計上されるものですが、実際に資金が入るまでに時間がかかり、売り上げ発生タイミングと資金発生タイミングのズレがあるので、資金不足の大きな原因になってしまいます。このため、ファクタリングを利用して資金を獲得することで迅速に次の仕入れのための資金獲得ができ、経営を大きく安定化させることができます。ファクタリングサービスは企業によって提供しているサービスがわずかに異なっているので、しっかりと情報を集める必要があります。ファクタリングについての適切な知識を身につけ、しっかりと資金獲得を行いましょう。