資金繰りが悪い要因ってなに?どんな対策があるの?


資金繰りが悪くなっているというのは企業経営にとって非常に辛い状態ではないでしょうか。資金繰が悪くなっている時には原因の冷静な分析と対処が非常に重要で、しっかりと原因に対処できるとそれだけで企業経営が安定するようになることがあります。資金管理の基本についてしっかりと理解しておきましょう。

1資金繰悪化の原因は?

資金繰が悪化している時にまず注意したい原因として知られているのが資金の流れです。資金が流れている時にはこのような問題が起こることがないのですが、資金が停滞している場合には資金繰が悪化することがあります。資金というのはどこか一箇所でも停滞している部分ができてしまうとそれ以外の部分に資金が回らなくなり、やがて資金不足に陥る事業が出てきたり、投資の減少などの様々なトラブルが出てきてしまいます。このような資金の流れは資金繰りを左右する重要な要素なので、しっかりと注意しておきましょう。

この他にも注意したいのが売り上げの減少です。売り上げが減少してしまうと企業内の資金の流れ方が良くても、資金自体が不足してしまい、経営に支障をきたします。注意しておきましょう。

 

2資金の流れの改善はファクタリングを利用しよう

資金の流れの改善を行う時にはファクタリングという方法を利用すると有効に資金調達ができるようになります。ファクタリングというのは売掛金を現金にかえる仕組みで、簡単に言うと債券売買と同じような仕組みで資金を獲得する方法です。

ファクタリングを利用すると1ヶ月先に支払いがある売掛金も早ければ申し込みをした当日に現金に変えることが出来ます。売掛金を現金に変えると資金の停滞が解消され、キャッシュフローが大幅に改善します。キャッシュフローを改善すると資金を必要な場所に流すことができるので、資金繰りの悪化が改善します。しっかりと意識するようにしましょう。

3手形の割引も有効

手形の割引も非常に有効な資金獲得手段です。手形の割引というのは銀行や手形の割引を行う企業に対して手形を売却し、現金に変える仕組みで、ファクタリングとほとんど同じような仕組みでできています。

手形の割引を行う時にもファクタリングと同じように審査を受け、手数料を支払う必要があるので、しっかりとファクタリングに必要な情報を理解しておくことが重要です。ファクタリングや手形の割引は資金の流れを改善する非常に便利な手段です。しっかりと性質を理解して、利用するように心がけておきましょう。