経営で役立つ資金繰り表とキャッシュフロー計算書の違い


経営を行う時に是非とも身につけておきたいのが会社の状態の診断法です。会社の状態を様々な観点から診断できるのは会社の経営者に必須の能力で、その時その時の状態に応じて適切な取引を行うことが求められます。このような会社の診断を適切に行うために知っておきたいのが資金繰り表とキャッシュフロー計算書の二つの指標の使い方です。それぞれを有効活用して適切な経営に活かして行きましょう。

1会社の診断を資金の出入りから行う

会社の診断を資金の出入りから行うのが資金繰り表です。資金がどこからどれくらい入ってきて、どこに資金が流れていくのかをわかりやすく表しているのが資金繰り表で、資金管理を行う時には資金繰り表をしっかりと有効活用して経営に役立てていくことが求められます。

資金繰り表を利用する時に真っ先に考えたいのが資金残高です。資金残高が一月会社を経営するのに必要な費用のだいたい1・5倍ほど保有していると経営状態が非常に安定していると考えることができるので、資金管理の目安にしておきましょう。

資金繰り表でもう一つ確認しておきたいのがどれくらいの資金の供給元があるかという着眼点です。資金が均等に財務・投資・営業などから供給されているのであればある程度しっかりとした資金供給があると考えることができますし、特に投資と財務の資金供給が大きい場合には安定性が高いということができます。資金繰を考える時の一つの目安にしてみましょう。

2資金の流れを確認する

資金の流れを確認するのがキャッシュフロー計算書です。キャッシュフローを計算する時には資金の流れについてしっかりと注目し、どれだけの資金がどこから生み出され、どこに資金が投資されているのかを確認していく必要があります。キャッシュフロー計算書を作成するとこのような資金の流れを診断することができるので、長期間の企業の業績を確認するのに役立ちます。営業利益が発生し、その分をしっかりと投資に回して事業規模の拡大を図るなど多くの企業活動を反映するのがキャッシュフロー計算書です。しっかりと経営に活かせるように知識を身につけておきましょう。

3資金繰りに要注意!

資金繰り表やキャッシュフロー計算書などの様々な指標で資金繰りの悪化が示唆されている場合には注意しなければいけません。資金繰りが悪化している時にはファクタリングなどの手段を講じて資金の確保を行わなければならず、資金繰りの悪化には常に最新の注意を払っておく必要があります。

資金繰の状態が悪い場合には黒字倒産などの問題を抱え込んでしまう原因にもなるので、資金繰りが悪くなっている時には注意をしなければいけません。資金繰りが悪化しないようにこれらの指標を参考にしっかりと経営計画を立てるように心がけましょう。