資金繰りの損益分岐点を経営に生かす!基本の経営知識とは


皆さんは損益分岐点を企業経営に活かしているでしょうか。損益分岐点というのは経営を考える上で欠かす事が出来ない重要なポイントで、売上高とその費用がくが等しくなる売上高である損益分岐点を正しく把握しなければしっかりとした経営を進める事が出来ません。損益分岐点を活用した経営についての基本を押さえておきましょう。

1損益分岐点の計算方法

まず、損益分岐点を計算するためにはかかっている費用を分析して行く必要があります。まず考えたいのが固定費です。住居の費用や保険の費用などは代表的な固定費と言えるでしょう。一方、変動費は仕入れ値や人件費、外注費などで、市販されている経営に関する書籍でもこのような分析の元に記述が行われている事が一般的です。

損益分岐点は固定費を限界利益率で割った値で、固定費と営業利益の和である限界利益が全体に締める割合で割る事で最低限どれだけ売り上げを生み出せば良いのかを算出できるのです。

 

2損益分岐点を分析する

損益分岐点分析は一般にCVP分析とも言われる事があり、会社の経理を正確に把握するのに欠かす事が出来ないポイントです。まず、損益分岐点を分析するときには安全率の産出が必要になります。安全率は損益分岐点売上高を現在の売上高で割った値で、この値が100%以下になり、より小さい数字になれば利益が出ている優良な状態と判断する事が出来ます。

この安全率を小さくするためには利益を大きくするか、費用を小さくする必要があるので、しっかりと対策を考えておかなくてはいけません。

 

3分析を活かす

安全率がわかった段階で、考えなければいけないのが損益分岐点を下げる方法です。このために注目したいのが売上高、固定費、変動費です。

固定費というのはあまり見直しがかからない事が多いのですが、実は定期的にしっかりと見直しを行わなければならない大切なポイントです。保険の費用や使っていない土地建物の固定費について正しい見直しを行うと長期的に大きな改善が見込めるので特に注意しておきましょう。

変動費も非常に重要です。余計な支出がないかどうか、特に原材料をどこから仕入れるのか、適切な量を仕入れているのか、流通の経路に無駄はないか、余計な人件費をかけていないかなど改善点は数多くあるはずです。

売上高を考えるときには売り上げ単価を変更したり、売り上げ分量を調整したりと工夫が必要ですが、損益分岐点の改善に欠かす事が出来ないポイントです。

経営上損益分岐点の分析は欠かす事が出来ない重要なポイントです。しっかりと損益分岐点の利用を考えて経営に生かすようにしましょう。