資金繰りが大変!こんなときどう対処するのがベストなの?


企業の経営を行なっていると資金繰りに問題が起こっているのに、なかなか気がつかないという事があります。資金繰りが悪化しているのに気が付いた時にはもう支払いの直前!ということもあるので、しっかりと資金繰りの対策を熟知しておく事が重要です。しっかりと対策を整理しておきましょう。

1資金繰りの問題はいつやってくるかわからない

資金繰りのトラブルというのは実はいつやってくるかわからないものが大半です。単純な赤字が続いているなどの明確な原因があるのであれば常に対処を行うはずなので、急激な資金繰りの悪化はやってこないのですが、投資対象の急激な価値の低迷や、売掛債権の貸し倒れや売り上げの急激な減少など様々な原因が突然にやってきます。

投資を行なった結果赤字になるようなトラブルはあらかじめ投資を始める前に赤字となるリスクを想定しておく事で資金繰りの悪化を防ぐ事ができるのですが、株式価格の変動や売り上げの急激な悪化はどのようなきっかけでやってくるかわかりません。

しっかりと資金繰りの悪化を防ぐような対処法を常に身につけておく事でこのような問題にも対処できるので、注意しておきましょう。

2短期の対策を立てる

まず、短期の対策を立てる事が重要です。短期の対策の代表例はやはりファクタリングでしょう。ファクタリングは売掛金をファクタリング企業に依頼して代理で支払ってもらうサービスなので、手数料こそかかりますが、資金を早期に回収するのに適しています。

中には即日審査・即日支払いの企業もあるので、ファクタリングを有効活用するのは非常に重要な着眼点です。この他にも手形の割と引きが非常に有益な手段です。手形の割引はファクタリングに比べて金額も大きく、審査に多少時間がかかる事がありますが、資金確保で欠かす事ができない方法でしょう。

3長期の対策を立てる

短期の対策を立てた後には長期の対策を同時に進めておく必要があります。長期的な計画を立てるには資金繰り表・キャッシュフロー計算書などを使って赤字事業の縮小や黒字化、黒字の拡大を目指す事が非常に重要です。

経営コストの削減だけでなく、長期的に資金がたまりやすい状態にしておくと黒字倒産などの憂き目を回避する事ができますし、このような方策に迷いがある場合には経営コンサルタントなどの専門家に依頼を立てて経営状態の是正を目指すといいかもしれません。資金繰も含めてしっかりと長期対策を立てて経営に活かしていきましょう。