資金繰りを誤った黒字倒産!回避するためには何が必要?


資金繰りというのは経営を行う上で非常に難しいものではないでしょうか。経営を続けていると一見利益が出ているのに気づいたら資金がそこをついている黒字倒産になってしまったという悲劇も起こってしまい、しっかりと資金の管理に注意と知識が必要です。黒字倒産回避のポイントをご紹介いたします。

1資金繰りに要注意!キャッシュフローを確認しよう

会社経営を行う上で知っておきたいのがキャッシュフローの重要性です。会社の帳簿を確認してみると利益は出ているからと安心していると実は資金が底を付いていて、次の支払いがショートしてしまうという黒字倒産も起こってしまいます。

このような問題を回避するためにはまずキャッシュフロー計算書を作成してどれだけの資産が流れる仕組みになっているのか、どれだけの資産が会社内に蓄えられるようになっているのかを考えてみる必要があります。

この他にも資金繰り表を作成すると資金が入る入り口と出て行く出口が明確にわかるので、どの部分の資金を拡大させるべきか、どこの支払いを縮小すべきかと判断する際に役立ちます。しっかりと資金の分量を確認して経営に生かしていきましょう。

2資金繰りのトラブル!解決策はファクタリングにあり

資金繰りで困った時にはファクタリングを真っ先に考えてみると良いかもしれません。銀行の審査は時間がかかりますし、ノンバンクからの借入には利息を支払う必要があるので、利益を生む投資にはあまり使いたくありません。

この点ファクタリングはもともと手に入る予定の資産を素早く回収するものなので、ノンバンクからの借入に比べて手数料を抑えることができます。

即日審査で支払いを受けることができるような場合もあるので、緊急で資金を確保する必要が出てきたときには検討してみると良いでしょう。

3資金管理が不安なら一括ファクタリングも

資金が不足しがちであったり、経営上資金の確保を安定化させたいと考えている場合には一括ファクタリングというファクタリングを利用してみると良いかもしれません。一括ファクタリングというのは取引で生じた売掛金を全てファクタリング会社に管理を任せファクタリングにより資金確保を行うサービスのことで、現在多くの企業で導入が行われています。資金の確保は会社経営の要です。より安定した経営やより確実な経営を考える場合には一括ファクタリングなどのサービスも活用し、資金不足や黒字倒産などの憂き目に合わないよう適切な経営を続けて行きましょう。