資金繰りのやり方を身につけよう!知っておきたい基礎知識


資金繰りで困った時にどのようなやり方で問題を回避するか、これは非常に重要な問題です。問題解決のやり方や順番を間違えてしまうと経営に大きな打撃を与えてしまうことがあり、注意すべき点をしっかりと理解しておく必要があります。経営で欠かせない注意点とやり方を身につけておきましょう。

1まずは手元のキャッシュに注目しよう

資金繰りで大切なのが、手元にどれだけのキャッシュを残しているかと言う着眼点です。どれだけの金額になるかは事業規模や、通常かかる固定費の大きさ、企業の規模によって大きく変わるので一概には言えませんが、通常向こう数ヶ月分の固定費用と事業を行う分だけの資産を保持しているとある程度安心できると考えることができます。

このような目安をしっかりと保っておくと資金繰りに余裕ができ、売掛け金の未回収などの問題が発生したとしても企業活動の硬直化を招く必要がありません。手元にある程度のキャッシュを残すように心がけましょう。

2黒字だからといっても安心はできない

黒字になっているからといっても必ず企業活動が安心できると言うわけではないのが経営の恐ろしいところです。会計帳簿の上では黒字になり、経営状態が非常に良いと思われるような場合でも、手元のキャッシュが少なかったり、売掛債券が多く、回収に失敗してしまった場合には会計帳簿上は黒字のまま資金繰りをショートさせる原因になってしまうことがあります。特に不況の時に急に売掛け金の支払いが滞ってしまった場合に注意が必要で、日常的に売掛け金をあてにした取引を続けている場合にはショートのリスクが常に隠れていると考えておきましょう。

3困った時にはプロに相談しよう

資金繰りに困ったり、資金繰りに不安がある場合には経営のプロに相談するのが良いでしょう。経営コンサルタントは資金確保の経験ややり方に精通していますし、資産を増やすためのアドバイスを専門家に相談できるのは異なった視点から経営の改善を行うことができると言う非常に良いメリットがあります。経営を安定化させるためには様々な工夫が必要になり、特に資金繰りを考える時にはファクタリングや銀行からの融資など様々な手段を組み合わせて行う必要があります。経営をより安定化させ、しっかりと収益を確保することができるよう経営上の問題に直面した時には経営コンサルタントなどの専門家に相談するようにしましょう。