資金繰りの悪化!とるべき対処法はどれ?


資金繰りの悪化というのは企業にとって非常に不安なものかもしれません。資金繰りが悪化してきたときにすべき事を把握していると資金繰りが悪化したとしても慌てることなく対応することができます。必ずとるべき行動をしっかりと把握して、経営に役立てましょう。

1まずとるべきは資金の確保

資金繰りが悪化してきたときに注意したいのが、まず資金を確保することです。どのような資金を確保できるのか、どれだけの資金を確保し、どれだけ資金が不足しているのかを把握できれば資金確保への計画が立てやすくなります。

銀行からの融資を計画したり、ノンバンクからの融資を受ける必要がある場合には融資の申し込みをしなければなりませんし、融資の計画をしっかりと考える必要があります。融資の計画を検討するときには経営コンサルタントと相談しながら融資の計画を立てるとより安全に計画を立てることができます。これまでコンサルタントに相談をしたことがないという場合には一度相談するといいでしょう。

2資金集めにはファクタリングが欠かせない

資金集めで活躍するのがファクタリングです。ファクタリングを検討するときにはまずファクタリング企業を探し、売掛け金の現金化の申し込みをしなければいけません。早い場合では即日審査が通り、売掛け金を資金として確保できることもあるのですが、大半の場合には1日くらい時間がかかることがあるので、資金繰りが悪化しているときには早急にファクタリングの利用を検討してみるといいでしょう。

ファクタリングをするときには手数料を企業に支払う必要がありますが、その分素早く資金の確保ができます。銀行の融資やノンバンクの融資の審査を受けるよりも簡単に審査を通過することができるので、資金獲得に役立つでしょう。

3手形の割引より先にファクタリングを行おう

資金の獲得に手形の割引を検討される方も非常に多いかもしれませんが、実は手形の割引よりも先に行なっておきたいのがファクタリングです。ファクタリングは手形の割引のように銀行とのやり取りや手形の割引を行なっている企業への申し込みに比べて非常に早く現金を得ることができることが一般的で、手形よりも法的な制約や手形への記載のトラブルや現金化の期日の制限などの問題が少ないので、緊急で資金が必要な場合に必要なものを集めるのが非常に容易です。手形の場合よりも素早く資金確保ができるので、まずはファクタリング企業の手助けを借り、必要に応じて手形の割引を同時並行で進めるようにしましょう。