資金繰りの計画は会社の運命を決める部分と知ろう


資金繰りの計画は、将来的に重要となっていくものですし、中には資金繰り計画書を作成しなければならない事例もあります。計画をしっかり作ることは、会社の運命を決めているものと考えていいので、正しい方法で考えていくようにしてください。

資金繰りの方法も重要になっていく

資金繰りは、方法によって計画を考えていく必要もあります。営業による資金繰りが一番いい方法とされますが、それだけで対応できる企業はほぼありません。投資によって得られる方法や、借入による資金繰りも当然行う必要があります。
全ての方法で、計画を練っていく必要があります。計画を作らないまま借りているような状況だと、キャッシュフローによるミスが起きています。ミスを行うことは、資金繰りに失敗して赤字を作ったり、黒字倒産の原因となります。
方法は組み合わせていくこともあります。幾つかの方法を組み合わせて、最適な資金繰りを検討する必要があります。

計画では借入を前提にしよう

営業や投資によって得られる方法は、微々たる資金しか得られない可能性もあります。大掛かりな方法を使っていく場合には、借入による計画を作ってください。資金繰りでも、一番使われているのは借入ですし、短期間で大きな金額を調達できます。
計画を行う場合には、借入によってかなり必要な費用を作り出すと考えます。当然返済計画を考えていくようになり、短期間で一気に返済するようにします。ファクタリングを使っている場合には、より短期間で借入を返す必要があるので、計画にも入れていく必要があります。

資金繰り計画書は専門家にも見てもらう

資金繰りの計画書を作成したら、税理士などの専門家に確認してもらいます。キャッシュフローの金額が間違っている可能性もありますし、計画としてかなり厳しいようなイメージが生まれる可能性もあります。専門家のアドバイスも取り入れて、資金繰りを良いものに変えましょう。
創業を支援してくれるような税理士であれば、正しい方法を紹介してくれたり、簡単にできる資金繰りについても情報提供をしてくれる可能性があります。

確実な計画を立てて資金繰りを安定させよう

どのような計画を作ったとしても、資金繰りを安定させていく必要があります。安定して行える方法を作って、計画通りに返済も進めていきましょう。計画からずれていくような状況になってしまうと、折角考えていたものが台無しになります。計画通りに最後まで進めることを重要視してください。