ファクタリングは融資を受けずに資金調達できる画期的な方法!


資金を調達するときには、多くの経営者が銀行からの融資をまず思い浮かべることでしょう。しかし融資はあくまでも借り入れであり、返さなければならないお金です。

借金を増やしたくないと考える方や、すでに融資を受けていて今以上に借り入れはむつかしい場合、他の方法を考えなければならなくなります。

このような場合、ぜひ検討してほしいのがファクタリングです。ファクタリングは融資を受けるわけではなく、保有する資産である売掛金をお金に換える方法。売掛金を保有していればファクタリングは利用できることがメリットです。

そこで、融資を受けずに資金調達できるファクタリングとはどのような方法なのかご説明します。

 

ファクタリングが注目されつつある理由

主な資金調達の方法として、

  • 民間銀行や日本政策金融公庫から融資を受ける方法
  • エンジェル投資家やベンチャーキャピタル、クラウドファンディングなどから出資を受ける方法
  • 保有する不動産や有価証券、売掛債権などを売却する方法

などがあります。

他にも補助金や助成金を利用する方法がありますが、募集している時期や条件などが合わなければ利用できないことがデメリットです。

これらの資金調達の方法の中で、売掛金を売却して現金化するファクタリングは比較的中小企業でも利用しやすい方法として注目されています。

銀行など金融機関から融資を受ける方法とは違い、利用者の信用力ではなく売掛先の信用力が重視される審査が行われます。そのため、財務状況が悪化している場合でも比較的利用しやすいことが大きなメリットであり、他の資金調達の方法との大きな違いといえるでしょう。

また、銀行融資などは融資実行まで一定の時間がかかるため、すぐに支払いなどに充てるお金を準備できません。中小企業などの場合は担保や保証人などを求められることも多く、資産価値の高い不動産を保有していなければ利用を断念せざるを得ないケースも多々あります。

しかしファクタリングなら、融資を受けるわけではないので担保や保証人は必要ありませんし、早ければ即日資金を調達できるなどスムーズに資金調達が可能です。

融資のイノベーションはストップ状態?

実際、銀行からの融資やノンバンクなどからの借入れは、2000年代に多重債務者問題が大きく取り上げられ規制が強化されてきました。

そのため技術革新が起きていないこともあり、他の資金調達の方法が注目されるようになったのです。

ファクタリングなら利用しても貸借対照表が痛まない

それに加え、ファクタリングは利用しても賃借対照表が汚れないことが大きな特徴です。融資を受けて資金調達すれば負債が増えますが、ファクタリングの場合はもともと保有している売掛金が現金に代わるだけなので貸借対照表が痛みません。

そのため決算書が悪化することを避けたい法人や個人事業主の方にもおすすめの資金調達の方法といえます。

 

アメリカでは融資より利用されている?

ファクタリングはアメリカなど海外では当たり前に活用されている資金調達の方法でありながら、日本ではまだ十分に普及しているとは言えない状況です。

もっと多くの企業で活用されるようになれば、中小企業やベンチャー企業などの経営はますますよくなっていくと考えられます。

市場全体でみて資金調達の方法は多様化しており豊富になっています。その中で、融資に依存すること以外のファクタリングなどが注目されてきたということです。

ただしファクタリングは売掛金を買取るファクタリング会社(ファクター)の見極めが重要です。入金期日前に売掛金を譲渡し現金化する方法がファクタリングです。

それによって支払いサイトを短縮させれば、資金繰り改善にもつながります。ファクタリングをうまく活用して事業を立て直すためにも、法外な手数料を請求してくる違法業者に騙されないよう、評判がよく実績の高いファクタリング会社を選ぶようにしてください。