ファクタリングを利用するときに耳にする割引率とは?


ファクタリングを利用するとき、割引率という言葉が使われることもあります。

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権を売却して期日よりも前に売上代金の回収を可能とするサービスです。

このとき売掛債権の売却先となるファクタリング会社は民間の企業であり、営利を目的として事業を営んでいますので利益を出すことも必要となります。

そのとき用いられるのが割引率ですが、具体的にどのようなことを示すのでしょう。

 

ファクタリングの割引率とは?

ファクタリングは売掛債権を売却して資金を調達する方法ですが、ただ期日よりも前に換金しただけではファクタリング会社は利益を出すことはできません。

そこで、売掛債権に割引率を定めることになるのですが、この割引率とはファクタリングを利用する上で利用者に負担してもらう手数料のことです。

売掛債権をファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社が買取代金として利用者に支払うのは、ファクタリングを利用する上で発生した諸費用を含む手数料を差し引いた金額となります。

 

ファクタリングの割引率の内訳

ファクタリングを利用するときの割引率は利用者が支払う手数料ですが、主に次の項目の費用を含みます。

  • 債権譲渡登記費用(2社間ファクタリングのみ必要で、司法書士への報酬を含む実費を負担)
  • 交通費(自社に出張訪問してもらった場合のみ実費で負担)
  • 着手金
  • 契約書に貼る印紙代
  • ファクタリング会社の諸経費および利益

これらの項目のうち、ファクタリング会社によって発生しない費用もありますので、やはりファクタリングを利用するときの業者選びは重要といえるでしょう。

 

割引方式によって異なる場合も

ファクタリングの契約方式には種類があり、一括割引方式と個別割引方式のどちらを選ぶかによっても割引率は異なります。

ファクタリング会社から利用者に支払われる売掛金をどのように受け取るかという部分であり、一括割引方式では一括で受け取ることとなります。それに対し個別割引方式になると、任意で金額と日を決め分割して代金を受け取ることになるのです。

 

ファクタリングの割引率を決定付ける要素

ファクタリングの割引率は、

  • 2社間と3社間、どちらのファクタリングで契約するか
  • 売掛債権の金額
  • 利用者のこれまでの利用回数(初回か2回目以降か)
  • 売掛先の信用力

などです。

様々な要素について総合的な判断がされた上で割引率が決まると考えられますが、ファクタリング会社の抱えるリスクにより割引率は変動すると理解しておくとよいでしょう。