ファクタリングで資金調達する際には必ず不明点の説明を受けておくこと!


ファクタリングで資金を調達する場合、契約手続きにおいてしっかりとどのような内容か説明を受けることはとても大切です。事前にポイントを抑えておかなければ悪徳な業者に騙されて不利な契約を結ぶことになる可能性もあります。そこで、ファクタリングとはどのように契約を結ぶことになるのか把握しておくようにしましょう。

 

ファクタリングは売掛債権を活用した資金調達の方法

ファクタリングとは、保有する売掛債権を入金前にファクタリング会社に譲渡し、先に資金化することで資金を調達する方法です。

売掛債権とは商品やサービスなどを提供した対価として、どの代金を請求する権利のことですが、日本の商慣習で一般的となっている掛け取引において発生します。

商品を納品、またはサービスや役務を提供し、請求書を発行してから入金されるまでは一定のタイムラグが生じますが、この期間において発生するのが売掛債権です。

そのタイムラグにおいて、売掛債権の入金を前倒しする形で受け取ることができるのがファクタリングといえます。

 

契約前には必ず面談を

ファクタリングは対面で契約を結ぶことが基本ですが、ファクタリング会社の多くが東京近郊にあるため、地方であればわざわざ店舗まで足を運ばなければなりませんし、交通費を負担する形で出張してもらうことを依頼する必要があります。

中小企業の場合、信用力が低いためファクタリング会社としても、経営者と直接会っておきたいはずですし、仮に債権譲渡登記を必要とする契約であれば、印影確認なども必要となります。

本当に信頼できるファクタリング会社か確認するためにも、実際に店頭まで出向いて契約したほうが安心です。反対に来社されることを嫌がる場合や、ホームページなどで公表されている所在と異なる場合、またはレンタルオフィスなどを利用しているようなファクタリング会社は危険です。

それらを確認するためにも、必ず契約前には対面で面談を行うようにしてください。

 

不明な点は遠慮なく質問して説明を受けること

いざ契約という段階になって、難しい言葉の羅列でイマイチ理解できないものの、何度も質問してしまい契約が破断となることは避けたいと、いわれるがまま契約してしまうケースもあるようです。

しかし、どのような契約内容か理解できていないのに、契約書に印鑑を押して締結する行為はリスクを高めます。

もし理解できない専門用語などがあるのなら質問して意味を確認するなど、詳しい説明をしっかりと受けることが必要です。

たとえ小さな疑問だから…と思うことでも、内容を理解しないまま契約してしまい、後でトラブルになっても対応できなくなってしまいます。

悪質な業者になると、契約書類の控えを渡してもらえないこともあるようなので、一方的に不利な契約を結ばれないように注意することも大切です。