中小企業が活用したい融資以外の資金調達の手段とは?


決算上は黒字なのに、本当は資金繰りに苦労しているということもあるかもしれません。金融機関に追加融資を申し込んでも断られてしまった場合や、売掛相手の支払いスパンが長く現金が手元に入るまで時間がかかる場合など、資金繰りを悪化させる要因になる可能性もあります。

注目したいのはファクタリング

中小企業などは資金調達手段が大企業と比較すると不利なケースが多く、銀行からの融資に頼るにも限界があるでしょう。そのため資金調達の手段として「ファクタリング」が最近注目されるようになりました。

ファクタリングとは

ファクタリングは企業が保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、資金として現金を提供してもらうという方法です。この売掛債権を資金化するという仕組みは、これまでのタイムラグを発生させないという大きな特徴があります。

ファクタリングの特徴

銀行で融資を受ける時のように担保を請求されるわけでもありませんし、債権回収期日まで現金を手にいれることができない受取手形や売掛金を資金化できるというメリットがあります。債権譲渡は償還請求権無しで行われます。金融機関から融資を受ければ借入金になって利子の支払いも必要です。

帳簿上でも有利な方法

ファクタリングは売掛債権を譲渡する方法のため、資金化した場合でも借入金として計上しないことが可能ですので、帳簿上負債にならない点もメリットと言えるでしょう。なお、売掛金企業が倒産してしまい、回収が不能になった場合でも支払義務は発生しません。

ファクタリングの流れとは

売掛債権を現金として資金化するには、まず発生した売掛金に対して、売掛企業とファクタリング契約を締結し承諾を得ます。その後ファクタリング会社とファクタリング契約を締結し承諾を得て、売掛企業との請求金額を確認します。請求金額をファクタリング会社に通知し、最終確認が完了したらファクタリング会社から早期売掛金支払いを受けることになります。後は期日に売掛企業からファクタリング会社に売掛金が支払われるといった流れです。

ファクタリングによるデメリットとは?

ファクタリングはメリットも大きいのですが、審査があることや手数料が高いといったデメリットもあります。また、当然ですが売掛債権の金額の範囲内での資金調達に限定されます。また、売掛債権のファクタリングにより債権譲渡登記が必要となるため、110万円に満たないほどの登記費用がかかります。なお、抹消登記の際にも数万円費用が必要ですので、そのことを踏まえて上で検討しましょう。

資金調達の手段の1つとして検討を

中小企業は資金調達に悪戦苦闘することもあるでしょう。調達手段の1つとして、ファクタリングという方法もあることを知っておくと良いでしょう。