ファクタリングの目的は資金調達だけではない?有効な活用方法とは


中小企業の資金調達を目的とする手法として、ファクタリングが用いられることが多くなっています。ファクタリングとは売掛債権を売却して資金化することにより資金を調達する仕組みですが、日本では手形取引が主流だったため、ファクタリングはどのような手法なのか理解できていない方も少なくありません。

ただ、ファクタリングは資金調達以外の目的でも活用できる取引なので、利用することによるメリットなどを知っておくと有効に活用できます。

そこで、ファクタリングはどのような仕組みになっているのか、資金調達以外でどのような目的に用いるとよいのかをご説明します。

 

売掛債権を売却することは可能?

中小企業が多く保有している売掛債権とは、主に商取引で発生した売掛金を指しています。

商品やサービスを納品するとき、その場で代金を支払ってもらうことはほとんどなく、多くは掛け取引により後日請求書を発行して回収する形となっているでしょう。

すでに納品した商品やサービスに対しての代価を請求することができる権利売掛債権といいますが、この売掛債権はいずれ現金となるものなので資産として扱われています。

資金調達の場面で、不動産や動産など資産を売却して現金化させる方法がありますが、売掛債権も同様に売買によって現金に換えることが可能です。

 

ファクタリングなら資金繰りを改善できる

売掛債権を売却し現金化する目的の多くは、計上された売上の代金が回収されるまでに発生する支払いに充てるためです。資金ショートを避けるため利用されることが多いですが、それ以外にも売掛金を多く抱えて過ぎてしまっている場合や、回収までの期間が長期に渡る場合など、それらが原因で悪化している資金繰りを改善させる目的でも利用できます。

 

売掛先の与信管理にも活用できる

ファクタリングを利用する際に重視されるのは、利用する事業者の信用力ではなく、売掛先の信用力です。そのため、信用力が高い売掛債権を保有していることがファクタリングを利用する条件となります。もしファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらえない場合、売掛先の信用力が低い可能性があるということです。

商取引を行う上で、売掛先に対する与信管理は重要となりますが、信用力の高低を図る目的でもファクタリングは利用できることになります。

 

黒字なのに倒産する事態を防ぐために

ファクタリングによって売掛債権を現金化することにより、急な資金準備にも対応することが可能です。いくら利益が出ていて黒字でも、手元の資金が尽きてしまえば会社は倒産してしまいます。

このような危機的状況にも迅速に対応できるのがファクタリングの魅力であり、他にも様々な活用方法があることが特徴です。

資金不足に陥りやすい中小企業にとって、今後も有効に活用されていくべき資金調達の手法といえるでしょう。