二社間で契約を行うファクタリングのメリットとは?


ファクタリングで資金を調達しようと考えたとき、二社間よりも三社間での契約のほうが手数料など低いコストなので、中小企業にとっては理想的なのかもしれません。

しかし、日本では経済産業省が売掛債権を資金調達に活用することを推奨しているのにもかかわらず、まだファクタリングを容認しない風潮があります。

風潮を恐れ、ファクタリングを利用したくてもできない中小企業もいることでしょう。

ただ、二社間での契約であれば、その風潮に対して不安を抱えることなく、効率的に資金を調達することができます。

 

二社間ファクタリングの特徴

二社間でのファクタリングは、ファクタリングを利用する会社、そしてファクタリング会社とで契約を行い取引します。

三社間であれば、その間に売掛先が入ることになるので、まずは売掛先に売掛債権を譲渡する旨の通知を行うことが必要になります。そのため、売掛先にファクタリングを資金調達に活用することを知られてしまうことになるので、なかなか利用の一歩を踏み出せないというケースもあるようです。

しかし、二社間では売掛先に通知は行わないため、ファクタリングを行うことを知られることなく資金を調達できます。

 

ファクタリング会社にとってはリスクが高い契約

ただし、二社間ファクタリングはファクタリング会社にとってはリスクの高い契約となります。

まず、ファクタリングを利用する会社が資金繰りに困っている場合、後に売掛先から入金された売掛代金を、本当であればそのままファクタリング会社に渡すことが必要なのに、自社の資金繰りに流用されてしまうかもしれません。

また、税金や社会保険などを滞納していれば、売掛先から入金された売掛代金を差し押さえられてしまうタイミングと重なる可能性もあります。

さらにファクタリングを利用した会社が倒産すれば、売掛先からの売掛代金が滞留されたままとなり、渡してもらえなくなるかもしれないのです。

リスク回避のために手数料は三社間より高め

このように、二社間ファクタリングはファクタリング会社にとってリスクの高い契約となるため、三社間よりも手数料は高めに設定されてしまいます。

ただ、取引の回数が増え、ファクタリングを利用する会社とファクタリング会社との間で実績と信頼関係を築き上げることができれば、だんだん手数料も抑えられるでしょう。

 

資金の調達方法に迷ったら…

二社間ファクタリングであれば、売掛先に知られることなく、ファクタリングを資金の調達方法に有効活用できます。

もし資金の調達方法で迷ったら、二社間ファクタリングをその方法として検討してみてはいかがでしょう。