ファクタリングはタイミングが重要?どうやって利用するの?


ファクタリングを利用した資金調達というのは近年では当たり前に行われる資金調達手段になり、しっかりとファクタリングを利用すると非常に効率よく資金調達ができるようになります。ファクタリングを利用するには大きな知識はいりませんが、ファクタリング全体に対する基本的な知識や、ファクタリング利用のタイミングについてしっかりと考える事が重要です。ファクタリングを利用した資金調達はこれから徐々に拡大を見せます。しっかりとファクタリングの基礎知識を身につけるように心がけるようにしましょう。

 

1ファクタリングの仕組み

ファクタリングというのは売掛金を現金に早急に変える仕組みのことで、ファクタリングを利用することで効率よく資金の調達ができるようになります。ファクタリングの資金調達は売掛金をファクタリング企業に買い取ってもらう債権売買に当たるものなので、特に融資を受ける形にはなりません。このため、ファクタリングを利用するとバランスシートに悪影響を与えることなく資金調達ができるので、対外的な評価に悪影響を与えずに資金調達ができ、近年建設業や販売業で頻繁に利用されるようになってきました。

ファクタリングは資金の流動性を高めるサービスの一つで、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つがあります。ファクタリングを利用するときにはこのどちらのファクタリングを利用するのかによって手数料が異なってきます。ファクタリングの手数料は一般的に3社間ファクタリングを利用した方が手数料が低いのですが、相手企業にファクタリングの利用がバレてしまいます。ファクタリング利用を知られたくないときには2社間ファクタリングを利用するようにしましょう。

 

2ファクタリング利用のタイミング

ファクタリングを利用するタイミングについて疑問に思われる方もいるかもしれませんが、この見極めにはファクタリング企業の支払いスケジュールを知る事が必要です。ファクタリング企業によって支払いまでのスケジュールは大きく異なっていて、この支払いのスケジュールに合わせてファクタリングを申し込むと安心して利用する事ができます。

ファクタリングは手数料がかかり、多くの企業にとって利用をためらうものかもしれませんが、資金の流動性の増加はより大きな利益を生み出すきっかけになります。ファクタリング利用についてしっかりと知識を身につけ、資金調達に活かすように心がけていきましょう。