ファクタリングの手数料って非課税なの?利用の基本を知ろう


ファクタリングを利用するにあたり気になるのが手数料です。ファクタリングを利用するときにはファクタリングの基本をしっかりと理解し、どのように利用をした方が企業にとって都合がいいのかをしっかりと把握する事が求められます。ファクタリングを利用した資金調達は非常に難しいものだと思われがちですが、実際に利用すると意外と簡単に利用する事ができます。しかし、手数料の企業内の処理まであまり詳しく知られていないのが実情かもしれません。ファクタリング利用の基礎知識を皆さんにご紹介いたします。

 

1ファクタリングの基本

ファクタリングというのは売掛金を早期に現金化する仕組みで、企業内部の資金の流動性を高める働きがあります。キャッシュフローの改善目的でファクタリングを利用する企業はファクタリングを通じて資金を手に入れ、より大きな利益を生み出す事で利益の拡大を狙っていて、このため、ファクタリングにかかる多少の手数料を支払ったとしても問題ないような経営を行なっていくのです。

ファクタリングの利用は近年では拡大傾向にあります。これからファクタリングを利用するにあたり、まずは手数料に関する知識とファクタリング企業の選び方についての知識を身につけて見ましょう。

 

2ファクタリングの手数料

ファクタリングを利用するときには手数料を支払う必要があります。この手数料というのは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類のファクタリングのやり方で異なっていて、この手数料はいわゆる損金として企業内の会計処理が行われます。このときに気をつけたいのがファクタリングの手数料にかかる税金です。ファクタリングの手数料は税務処理を行う上で影響がでると考える方がいますが、一般的にはファクタリングを利用した取引で税金が影響することはありません。ファクタリングの利用の税務処理を考える上で非常に重要な考え方です。しっかりと認識しておきましょう。

 

3ファクタリングの利用は知識が重要

ファクタリングを利用するときにはファクタリング企業の選び方やファクタリング全体に関する知識が要求されます。ファクタリングを利用するにあたり企業毎に異なっている手数料や支払い日程に関する知識、さらに、フィコエリトリン企業によって取り扱っている債権が異なっているので、どの企業で売掛債権の引き受けが行われているのかといった知識を欠かす事ができません。

また、利用した後の会計処理や税務処理にはある程度の知識がなければうまく利用を行う事ができません。しっかりと知識を身につけるように心がけておきましょう。