事業資金の融資には何が必要なの?必要な書類は何?


事業資金の融資を受けるには様々な書類が求められます。事業資金の融資のために数多くの書類を調達する必要があるので、経営者の方にとって非常に悩ましいものだと思います。特にこれから経営を始めようと思われる方にとって事業資金の調達は頭を悩ませる大きな問題ではないでしょうか。事業資金の調達に欠かすことができない必要書類についてみなさんに詳しくご紹介いたします。

1事業資金調達で欠かすことができないのはこんな書類

事業資金の調達に欠かすことができないのがこのような書類です。

・経営方針説明書
・商業登記謄本
・資金使途資料
・決算書類
・決算表(月次)
・資金繰り計画書類
・銀行取引一覧
・損益計算書
・貸借対照表

これらの書類を揃えた上で銀行に資金調達を求めるというのは非常に負担が大きいものかもしれません。しかし、これらの書類というのは実は作成が容易にできるものが数多くあり、注意しなければいけない書類というのはごく一部です。資金調達を考えるときにはまず、注意しなければいけない書類についてしっかりと注意し、必要な書類を集めて資金調達を受けるようにすることが非常に重要なのです。

資金繰りで注意が必要な資料はまず資金使途資料と経営方針説明書です。これらの書類に合わせて貸借対照表の内容を健全に保つことが非常に重要です。しっかりと注意しておきましょう。

2経営方針説明書と資金使途資料に要注意

銀行からの融資を受けるときには経営方針の明示と資金使途資料が非常に重要になります。この内容があまりに理想を追求しすぎ、実現が難しいような内容であれば銀行からの融資を受けるのが非常に難しくなってしまいます。

まずは経営方針説明書と資金使途資料の二つの内容をしっかりと見直し、銀行からあまりに実現が難しいという印象を受けないような内容に手直しすることが非常に重要です。

3貸借対照表にも注意が必要

貸借対照表の内容にも注意しなければいけません。貸借対照表の状態が非常に悪化しているときには銀行の方も融資をためらってしまいます。このため、貸借対照表の内容を悪化させないように事業を進めておくのは非常に重要な経営手法なのです。

貸借対照表の内容を悪化させずに経営を進めるにはまずファクタリングなどの手段を利用して資金の調達を行ったり、事業規模の拡大を測ることが非常に重要です。ファクタリングは現代では当たり前の資金調達手段です。常日頃から資金調達にファクタリングを利用し、しっかりと経営状態の安定化を目指しましょう。