初心者必見!ファクタリングはどんな目的で利用できる?


ファクタリングを利用する時には様々な理由だと思います。ファクタリングというのは非常に便利な資金調達法ですが、ファクタリングを利用して資金調達をするときにはいくつかの基本的な知識を欠かすことができません。ファクタリングにまつわる基本的な知識についてみなさんに詳しくごしょうかいいたします。

ファクタリングというのは何?

ファクタリングというのは売掛金を早期に現金に変化させる仕組みのことで、売掛金が発生し、資金が不足したときにすぐに利用することで、事業資金の確保に役立つ資金調達手段です。ファクタリングはファクタリング企業に売掛債権を買い取ってもらう仕組みになっているので、ファクタリングを利用するときには売掛債権の存在を示す書類と、企業の経営状態が確認できる書類を用意し、ファクタリング 企業の審査を受ける必要があります。

ファクタリング 企業の審査は即日で完了するものや遅くても数日で完了するものが大半で、金額や取扱債権の種類によってはそのまま即日に審査を受け、即日に支払いを受けることができる場合もあります。

支払いの時に一定の手数料が差し引かれるので、ファクタリングを利用する時にはこの手数料に注意するようにしましょう。

ファクタリング 企業は目的で選ぶ

ファクタリング 企業を選ぶ時にどのような点を参考にするのかよくわからない方も多いかと思います。実はファクタリング 企業を選定する時にはある程度企業の性質や、特徴を元に目的別に着眼点を分けて企業をえらぶと企業選びが楽になります。いくつかの目的に分けて考えてみましょう。

・緊急で資金を確保する
緊急で資金確保を行いたい場合には手数料ではなく、取扱債権の種類と支払いまでの期間に注目することが重要です。緊急で資金確保を行いたいのに、事業資金確保に時間がかかるようではあまり適切な資金管理ができているとは言えない状態です。事業資金の確保の際に注意しておきましょう。

企業内部の資金の循環を良くしたい

企業内部の資金の流れを改善したいと思う場合には支払いまでの日数以上に手数料の割合に注目することが非常に重要です。長期的にファクタリングを利用して事業資金確保を行うことになるので、相手企業と継続して長い取引が認められ、今後も長期的に取引を続けることが予測される場合にはファクタリング の中でも3社間ファクタリングを利用することがあるので、しっかりとファクタリング利用の際に気をつけておきましょう。