ファクタリング利用に要注意!2社間・3社間の差って何?


みなさんは3社間ファクタリングというファクタリング方法をご存知でしょうか。ファクタリングの中でも3社間ファクタリングは手数料が少なく企業負担が少ないファクタリング方法として広く認知されていますが、実際に3社間ファクタリングを利用される企業は少ないかもしれません。2社間ファクタリングと3車間ファクタリングのメリットとデメリットを詳しくご紹介いたします。

1ファクタリングとは

そもそもファクタリングがどのようなものかご存知でしょうか。ファクタリングというのは売掛債権をファクタリング企業に買い取ってもらい、その企業から売掛金の支払いを受けるというシステムのことです。ファクタリングを利用するときには売掛債権がわかる書式を揃え、ファクタリング企業に申し込みをします。

この申し込みを行った後にファクタリング企業から企業審査を受け、問題がないと判断された場合には手数料分だけ差し引かれた金額の支払いを受ける事ができ、後日売掛債務を負う企業からの支払いを受けた後にファクタリング企業に支払いを行うという仕組みになっています。

ファクタリングは近年多くの企業が利用を開始している資金獲得手段として広く認識されていて、ファクタリング企業を通じて多くの資金を獲得する事ができます。ファクタリングを利用した資金獲得には二種類の方法があります。しっかりとファクタリングについての基本知識を保有するようにしましょう。

2 2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

・2社間ファクタリング
ファクタリングで最も頻繁に利用されているのが2社間ファクタリングです。2社間ファクタリングではファクタリング企業とファクタリング以来企業の間だけでファクタリング契約を結び、ファクタリングが終了し、債務企業から支払いを受けたらファクタリング企業に再建企業から支払いが行われます。債務企業が関与しないファクタリングなので2社間ファクタリングと言われ、財務状況が悪い事がバレないというメリットがある反面、ファクタリング企業のリスクが高くなるので手数料が高額になります。

・3社間ファクタリング

3社間ファクタリングはファクタリング契約に相手企業も同時に契約を結ぶファクタリングで、ファクタリングを利用するときには実は3社間ファクタリングを利用した方が手数料が低くなります。ファクタリング手数料の負担が大きいと感じるときにはファクタリングに相手企業を伴った3社間ファクタリングを利用するように検討して見ましょう。