事業資金不足に要注意!自己破産の基本を知ろう!


自己破産というのはどのような仕組みで、なんのために利用されるのかよくご存知でしょうか。事業資金が不足していると多額の借金を背負い込むことになり、場合によっては経営者個人で借金を負い、ひどい場合には多額の債務を負うことになってしまいます。多重債務を負ってしまう方が苦境から脱出するためにはしっかりと収入を確保して行くか、自己破産などの債務を減免してもらう制度を利用せざるを得ません。自己破産について一度詳しく理解をしておきましょう。

 

1そもそも破産とはどのような仕組み?

そもそも破産というのは債務を多く抱えた債務者がその財産を喪失し、資産を保有していないと法的に認める仕組みのことで、この破産に伴い様々な法的な効果が発生します。まず、破産に伴って起こる法的な効果で最も重要なものが債務の減免です。債務というのは簡単に言えば借金を支払う義務と捉える事ができるのですが、この債務を負っているときに破産宣告を受けると残されている財産を債権者に分配して返済し、その後残されている債務を免除してもらう事ができます。

破産をする事で債務を免除してもらう事ができるというのは非常に債務者にとってありがたいものかもしれません。多額の借金を抱えている場合にこのような手段で債権者からの催告を逃れ、債務を解消できるのは非常に助かるものでしょう。しかし、自己破産には多くのデメリットもあります。しっかりと自己破産にまつわるデメリットも理解しながら利用を検討して行きましょう。

2自己破産にまつわるデメリット

自己破産に伴い発生するデメリットとしてよく知られているものの一つに資格の制限があります。医師や弁護士などの一部の資格は自己破産によって働く事が制限されてしまいますし、財産の没収やクレジットカードの利用停止などの様々なデメリットを追うことになってしまいます。メリットだけに注目をして自己破産をすると多くのデメリットを負い、トラブルを引き起こすことに繋がるので、しっかりと注意しておきましょう。

3自己破産後の資金調達

自己破産を行なった後に困るのが事業資金の調達です。自己破産を行なった後に新たに事業を行いたいと思うと思うときにある程度の資金が必要になりますが、事業資金を調達するには個人の信用が非常に重視されます。このため、個人事業主の場合にはいかにして新たな事業資金を確保するのかを検討しなければいけません。自己破産後に新たな事業を継続したいと思ったときには借金以外の資金調達を模索しておく必要があります。ファクタリングなどの資金調達法をよく理解し、資金調達に活かしましょう。