ファクタリングって弊害はあるの?利用する時に注意点は?


ファクタリングを利用した資金調達は近年多くの企業で行われるようになってきましたファクタリングというのは資金調達において魅力のあるいくつもの要素をかねそなえた資金調達法です。しっかりと資金調達できるようにファクタリングの実態についてよく理解しておきましょう。

1ファクタリングの魅力とは

ファクタリングは現在の資金調達において欠かすことができない非常に重要な手段です。資金が不足するというのは様々な原因で起こるものですが、特に資金の停滞というのはなかなか目に見えてこない非常に厄介な原因です。単純にもともと循環している資金が非常に少ないのであれば借入や社債の発行によって資金を増やすことができますが、資金が停滞しているのであれば借入や社債などでは資金不足の原因を解決することができません。

ファクタリングはこの資金の停滞を解消するのに非常に役立つ方法で、従来から利用されてきた手形の割引と同じようなものと考えることができます。しっかりとファクタリングについて熟知しておきましょう。

 

2ファクタリングの進め方

ファクタリングを利用するときには、まずファクタリングを利用したい売掛金に関する契約書やそのほかの必要書類をファクタリング企業に提出し、審査を受ける必要があります。早い場合には売掛債権の引受をその日のうちに受けることができ、長くとも1週間程度で資金を獲得することができます。

引き受けされた債権金額から手数料を引いた金額を受け取ることができるので、ファクタリングを利用するときには手数料に注意しなければいけません。手数料の割合は2社間ファクタリングや3社間ファクタリングとの間で大きく異なっています。しっかりと注意してファクタリングを利用しましょう。

 

3ファクタリングの弊害

ファクタリングを利用するのに弊害があるのかどうか非常に気になるものだと思います。実はファクタリングというのはそのほかの資金獲得手段に比べて弊害が少ない資金調達法だと言われていて、利用する上で考慮すべきハードルはほとんどありません。

唯一あげられる弊害といえば、企業の資金繰りが悪くなっているという印象を他の企業に知られる可能性があるという点ですが、このような心配も2社間ファクタリングを利用してファクタリングを利用することで解消することができます。ファクタリングにまつわる弊害はほとんど気にする必要がありません。しっかりとファクタリングの特徴を理解して資金調達を行うようにしましょう。