ファクタリングとベンチャーキャピタルどちらがいいの?


ファクタリング企業の資金獲得とベンチャーキャピタル企業の資金獲得はそれぞれ大きく性質が異なっています。どのような資金獲得が適しているのか、どのような資金の集め方をすればいいのかと考えるときにそれぞれの特徴を理解しておくと経営に役立ちます。ファクタリングとベンチャーキャピタルそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

1ファクタリングの特徴

ファクタリングは誰にでもすぐに利用できる便利な資金獲得方です。ファクタリングでは売掛金などの債権を現金にすぐに帰る事ができる仕組みで、支払いまでに時間がかかる売掛金を一気に現金化する便利な手法です。ファクタリング を利用するときには売掛金に対して一定の割合で手数料を支払いうことになるので、完全に売掛金の額面通りの金額が手に入るわけではありませんが、売掛金がすぐに資金として役立つのは経営者にとって非常に嬉しいものでしょう。

ファクタリング を利用するときにはファクタリング 企業を選ぶ事が必要なので、ファクタリング 企業に対する知識を欠かす事ができません。ファクタリング を利用するときにはしっかりと企業選びに注意しましょう。

2ベンチャーキャピタルの特徴

ベンチャーキャピタルは投資先の企業に対して資金提供を行う事でその投資資金から利益を獲得する企業で、一般的には株式の保有を通じて企業の成長を促します。このため、ベンチャー企業などの企業で今後の成長が見込まれる企業としてベンチャーキャピタルからの資金獲得を得る事ができる場合には非常に大きな金額を一気に手に入れる事ができるので企業成長に役立ちます。

しかし、株式を保有されるという事はその分デメリットもあるので注意しなければいけません企業の経営の自由度が失われてしまったり、ベンチャーキャピタルを構成するファンド形成者に対して利益提供をする必要があるので、注意しておきましょう。

3どちらの資金獲得が重要か

ファクタリング とベンチャーキャピタルのどちらが適しているのかをしっかりと考えて利用しなければならず、特徴を踏まえながら資金獲得をしなければいけません。ベンチャーキャピタル企業もファクタリング 企業もどちらもベンチャー企業のような新規参入型の企業に対して資金提供を行う重要な存在です。資金提供力が大きいのはベンチャーキャピタルですが、気軽に利用できるのはファクタリング です。これから企業の成長を期待しているときや、新たに事業を大きく拡大させたいと考える場合にはこれらの資金獲得法について熟知しておきましょう。