ファクタリングの経理の処理ってどうやるの?勘定科目は?


ファクタリングを利用する企業にとってしっかりと知っておいてもらいたいのがファクタリングの経理上の処理です。ファクタリングを利用する企業は日本の中に数多くあり、しっかりとファクタリングの会計処理まで熟知しておくと役に立ちます。ファクタリングで欠かせない会計処理についてみなさんにお届けいたします。

1ファクタリングの複雑さ

ファクタリングを利用するときに問題になるのが複雑さです。売掛金が発生したときには会社にとって資金となる売掛債権が発生したことになり、会社にとっては資産が増えたのと同じような状態になります。しかし、売掛債権が増えたとしても実際に資金として振り込まれるまでは期間が先になり、どうしても会社にとって本当に資金が振り込まれるタイミングとズレが出てしまいます。しっかりと売掛金と資金の振込のタイミングを考えなければ会計処理ができませんし、何よりもファクタリングを利用したときには手数料などの問題も発生してしまいます。しっかりと基本を理解しておきましょう。

2貸方と借方の基本

まず、貸方と借方の基本を理解する事が非常に重要です。貸方と借方の両方の仕組みをしっかりと理解しておくことは非常に重要なことで、まず基本の知識として持ってもらいたいのが貸方と借方の合計が常に一致していると言う原則です。

借方には資産に該当するものを記載するので、現金・手形・売掛金・有価証券などの資産に該当するものを記載します。一方、貸方には負債に該当するものを記載することになるので、支払い手形・買い掛け金・短期借入金・未払金・未払いの法人税などを記載します。

このバランスをしっかり理解しておくと会計手続きに役立つので、しっかりと理解しておきましょう。

 

3ファクタリングの仕分けの基本

ファクタリングを利用するときには手数料と支払いの2つのポイントに注目すると良いでしょう。

まず、売掛金が発生したときには、売掛債権が発生したことになり、会社にとって資産が増えたことになります。このため、売掛基金が発生したときには借方に記載をします。ファクタリングを利用した直後は未収金として資産が増加したように勘定科目を設定する事が一般的で、その後、支払いが会ったときには未収金を売却したと言う形に勘定記録をつけるのが一般的です。

しっかりと勘定記録の付け方まで理解しておくと非常に役立ちます。勘定記録の付け方についてしっかりと理解しておきましょう。