会社の支払い知っておきたいファクタリング企業の利用法


ファクタリング企業を有効活用するのは何も資金調達に限ったものだけではありません。実はファクタリングには支払いを簡単にしたり面倒な手続きや送金のコストを低下させる一括ファクタリングというものがあり、最近利用する企業が増えつつあるのです。経営者の方に知っておいてもらいたい、一括ファクタリングについてみなさんにご紹介いたします。

1ファクタリングの利用にはこんな方法もある

ファクタリングというと一般的には売掛金などの債権を買い取ってもらい、その債権の金額に応じた手数料を支払うことで資金を回収するという仕組みです。ファクタリングを行うのは売掛金の支払いまでの間に資金を確保したり、つなぎ資金や事業の資金を確保する方法で、ファクタリング企業を通じた資金の確保は銀行からの融資やノンバンクからの借り入れと並んで広く利用されている資金の確保手段です。

ファクタリングというと資金を確保するというイメージがあるかもしれませんが、最近では資金の確保以外にも様々な利用のされ方が目立っていて、特に一括ファクタリングという利用スタイルが近年注目されています。一括ファクタリングというのは元請け企業が下請け企業に持つ売掛債権を一括してファクタリングし、支払いを一度にまとめて行うもので、支払い期間の短縮や手続きの簡略化などのメリットが注目され多くの企業が利用を始めています。

2一括ファクタリングのメリット

一括ファクタリングシステムは債務を負う業者にとっても、債権を持つ業者にとってもメリットがあります。手形の発行をする必要がないので、手形の管理や作成の印紙代を浮かせる事ができますし、信用度の高い企業のみがファクタリングに参入する事ができるので会社のし尿の照明にも繋がります。

また債権譲渡により財務内容の改善を図る事ができるので、資金確保にも繋がり安定した資金調達が測れるのは大きなメリットです。

資金を借り入れするのに比べて非常に低利で資金調達ができる場合もあるので、ファクタリングを利用した資金調達を検討して見るといいかもしれません。

3これからのためのファクタリングの活用を考えよう

ファクタリング企業を利用するということはこれまでのように資金調達を行うために利用するという考え方からさらに進化し、現在ではて手続きの簡略化や企業間の取引の簡略化など様々なメリットを求めてファクタリングを利用する時代がやってきました。

一括ファクタリングはその代表例で、今後もさらに企業が導入する事が予測されています。ファクタリング企業は会社と会社の間をとりもつ非常に優れたパートナーのような存在です。ファクタリングを有効活用し、会社の運営に役立てるようにしましょう。