ファクタリングの振込金額が変わる!企業選びは手数料に注目


ファクタリング会社を選ぶときにみなさんはどのような点に注目するでしょうか。ファクタリング企業を選ぶときには実はいくつかの注目点を持っておくと企業選びが楽になり、実は審査日数以外にも注目したいポイントがあるのです。ファクタリング会社選びで役立つ手数料について知識をつけておきましょう。

 

1ファクタリング企業選びに役立つ手数料

ファクタリング企業を選ぶ時には手数料に注目しておくと非常に役立ちます。ファクタリング企業は会社によって手数料が大きく異なっていて、売掛け金が大きい場合には手数料のわずかな違いによって大きな金額の差が出てしまう事があり、注意しなければならないのです。

ファクタリングの手数料は2社間のファクタリングと3社間のファクタリングで大きく異なっていて、一般的に2社間のファクタリングの場合には売掛債権の15〜30%ほどの手数料がかかり、3社間のファクタリングでは1〜5%程度の手数料がかかると言われています。この手数料ですが一度のファクタリングでみると非常に小さいものかもしれないのですが、この手数料は実はしっかりと注目しておかないとかなり大きな損失になる原因になってしまうのです。

 

2手数料が低いファクタリングを探すには

手数料が低いファクタリング会社を探したいと思ったときにはインターネットで企業情報の検索を行うことだと思いますが、実はこのときにいくつか注意しなければならない事があるのです。ファクタリングのまとめサイトで手数料が数%〜と記載されている場合には一般的に3社間のファクタリングの費用を広告に提示し、2社間のファクタリングでは非常に割高な契約を結ばなければならないケースがあり、企業を選定する段階でしっかりと注意しておきたいのです。

仮に200万円の売掛金を年に5回ファクタリングを通じて回収した場合には年間で5%の手数料の差が50万円もの差額に変化してしまいます。

大きな企業であれば50万円の差額というのは大きなダメージを与えるものではないかもしれませんが小規模な企業にとって50万円の差額はアルバイトを1人雇ったりする事ができるだけの費用にあたり、経営や会社の運営に大きな影響を与えることになってしまうのです。

 

3ファクタリング企業は多角的に探そう

ファクタリング企業を探すときに注意したいのが多角的な視点で企業を探すという考え方です。売掛金をかなり緊急で回収したいと思っている場合には多少割高な手数料の出費は耐えられるものかもしれませんが、日常的にファクタリングを通じて資産を手に入れようと考えている場合にはこのような割高な手数料の企業はあまり適していません。

ファクタリングを頻繁に利用する可能性がある場合に使いたい企業、緊急で売掛金の回収を行いたい場合の企業と最低でも2種類の企業を知っておくと企業の運営に役立ちます。ファクタリングをうまく活用し、経営に役立てるようにしましょう。