目的をクリアにして資金調達を達成しよう!


資金調達をするときにはまず目的を明確にすることが非常に重要です。実は目的がはっきりすると資金調達がスムーズに進むことが多く、これまで直面していた資金繰りの根底をしっかりと把握するように努めることが重要だと言われています。資金調達で重要な目的について皆さんに一度説明をしたいと思います。

1資金調達と目的の深い関係

まず、資金調達をしているときに注意したいのが、資金がショートしそうだから資金を集めるという状態です。このような状態は実は目的がほとんど見えていないのと同じような状態で、資金を集めたとしてもその資金を活かすこともできませんし、何よりも資金を獲得する際に融資を増やす結果にもつながってしまいます。このような状態を回避するためにも、まずはなぜ資金の確保が必要なのかをより具体的に理解していくことが必要になるのです。

 資金は会社の血液のようなものです。資金が不足していると会社の経営に悪影響が出てきてしまいますし、資金繰りが悪化してしまうとやがて経営の大きな悪化を招いてしまいます。経営状態の改善を図るためにも資金繰りについて見直してみましょう。

2目的を見えるようにする

まず、資金の目的を明確にするためにも、どのような経営活動のために資金がどれだけ必要になるのかをしっかりと見えるようにすることが重要です。何かのプロジェクトを立ち上げるという漠然としたものではなく、このプロジェクトに必要なものを列記し、どれだけの人件費がかかり、どれだけの可能性で回収ができるのかと言った判断をしっかりと提示しなければ必要な資金を集める上で困難に直面してしまいます。

目的を具体的に明確化する、いわゆる見える化するというのは資金集めで一番重要な項目です、しっかりと目的を明確にして経営に活かしていきましょう。

3大切なのは計画の提示

計画を提示するときに注意したいのが、どれだけの期間でその資金を回収できるのかという計画です。この計画を立案するときには理想的な状態を想定するのではなく、必ず現実的な数値として計画を提示することが重要です。計画を立てているときには現実がなかなか見えなくなってしまうことがあり、このような状態を解決するためには計画の立案の際に起こるマイナスの意見にもしっかりと耳を傾けることが重要です。計画の立案を阻むものとしてあまり嬉しくないものかもしれませんが、計画を考えるときのマイナス意見というのは計画をしっかりと考える上で欠かすことができない予防ラインです。より現実的な計画を立てることで、資金集めの目的の改善も図れますので、自分の計画を見直すように積極的に意見を取り入れるようにしましょう。