資金調達の費用を考える!安い方法をチェックしよう


資金調達の費用は、非常に重要なものと考えてください。かなりの費用を支払って資金調達をしても、返済の費用が多くなってしまうようならあまり良くないものです。一番安い方法を調べるようにして、出来る限り費用を抑えた方法で資金調達を考えていくのです。

内部留保はとにかく費用が多くなるので避けよう

使われている方法の1つに、内部留保があります。資金調達では定番とされていて、利益を得たものを会社に残して、資金調達の手法として活用しています。ところが内部留保を活用すると、費用が一番かかってしまいます。
最大の問題は法人税にあります。法人税は35%と設定されていますから、減税されない限りは内部留保が一番高いです。
こんなに高い税金を支払ってでも、内部留保を行ったほうが良いのかはよく考えてください。

増資も意外と費用が高くなりがち

増資も方法として取られていますが、意外と費用が高くなってしまいます。
増資の支払いは、配当金という扱いになりますので、株式会社で株を提供しているのであれば、当然配当金を渡すこととなるでしょう。
配当金は割合で設定されたり、1株で支払う金額を固定して調整しますが、小さいと株主がいなくなってしまい、うまく増資ができません。
結果的に、5%程度の配当金を作ることが多いのです。安いなら増資が一番いい方法ですが、高い金額の増資は意外と費用が増えてしまいます。

借入は費用を抑えられる可能性もある

借入は、かなり費用を抑えられる可能性もありますので、活用していくメリットは大きくなります。
銀行の借入は、金利が5%程度なら増資よりも費用が減り、6%を超えたあたりで増資よりも負担が増えます。低金利で借りているようなら、増資よりも借入のほうが費用負担は小さいと判断して良いのです。
銀行と似たような借入をしているファクタリングもあります。ファクタリングの場合は、手数料が20%と書かれているケースが多く、費用が高いなと思ってしまいます。それでも小さい借入を希望しているなら、ファクタリングは費用を銀行よりも抑えられるチャンスがあります。

費用を抑えるには借入が一番

増資によって増やしたいと思っている企業も多くなっていますが、借入が費用を抑えるために必要な方法です。低金利で借りられるところをしっかり見つけて、返済の費用を抑えておきましょう。
法人税などの問題から、企業の借り入れは結構高い負担を強いられます。その中で一番費用を押さられる方法を模索して、会社との交渉を行ってください。