ファクタリングの入金日はかなり重要!計画をしっかり立てよう


ファクタリングには審査が必要です。審査を受けないで貸してくれるようなら、闇金と同じサービスになってしまいます。どこの会社もファクタリングを希望している会社を調べるために、審査を行った対応を協議しています。ここで多く利用されているのが、入金日がいつになっているか確認することです。

タイミングによって審査が通過しやすくなる

入金日は、相手側が入金する日程ではなく、ファクタリングを利用している会社側が、どのタイミングで入金することとなるかです。売掛金をファクタリング会社に支払うこととなりますが、入金日がかなり短くっているようなら、審査を通過しやすくなります。
逆に非常に長い状況を作っていると、審査に落とされてしまいます。売掛金の支払いが2ヶ月後としていた場合、回収できるまでにリスクが高いと判断されて、ファクタリングの審査に落とされます。
理想としては、30日くらいとなります。これよりも短ければ短いほど、ファクタリングの審査は通過しやすいでしょう。長くなればなるほど、会社の信用が得られなくなります。

入金日は審査までに通知する必要がある

ファクタリングの契約では、審査開始までに入金日について提示しなければなりません。提示されていない場合も審査に落とされてしまいます。
入金日が分からないなどの理由は通用しませんので、先に決めて通知してください。計画を立てておけば、入金日の予定などもわかっていくので、ファクタリングの審査を通過しやすいでしょう。

審査に影響するのはリスクとコストのため

ファクタリングの審査に、入金日が影響している理由としては、リスクが高くなってしまうからです。回収できるまでの日数が多くなると、払ってくれないのではないかと思ってしまい、高いリスクを背負って契約をしなければなりません。
更に、コストについても高くなってしまいます。業者としては、調達コストを支払うことになりますので、なるべく早く返してくれたほうが軽減しやすいと判断しています。低コストで貸せると判断できているなら、ファクタリングは行いやすくなるので、審査を通過しやすいです。

審査に影響する入金日はしっかり考えよう

ファクタリングの契約前に、入金日をどれくらいに設定すれば、売掛金を払えるようになるか確認しておきましょう。計画通りに進められるようなら、ファクタリングのリスクも軽減されますので、審査を通過してお金を借りられるようになります。