資金調達にかかる手数料を徹底説明!


資金調達を行いたい場合に、手数料が発生することをしっかり確認しましょう。意外と大きな手数料を取られる可能性もありますので、活用しなければならない場面が来たら、どれくらい必要なのか知っておきましょう。

ファクタリングを活用した場合の手数料

資金調達でも、最近利用されているのがファクタリングです。会社を経由して、融資を行ってくれる人からお金を借りる方法となります。手数料について知らない方も多くいますが、会社によって異なりますが、大体借りる額の20%を手数料として請求されます。
手数料には、ファクタリングを行っている会社の利益などが入っていますので、どうしても割合による手数料が発生します。固定で手数料を作っている可能性はかなり低いので、提示されている数字に合わせて考えていくこととなります。
15%程度ならかなり小さく、手数料の低い会社だと思えるようになります。逆に25%を超えているようなら、ファクタリングでもかなり高い手数料なので、他の会社を考えてもいいでしょう。

銀行などから融資を受ける場合

銀行から融資を受けることは、資金調達の鉄則とされていて、利用していない会社はほぼありません。融資を受ける場合は、金利が手数料として計上され、計算によって手数料を毎月支払うこととなります。
事業用として使われている借入は、10%未満の金利で設定されていて、年間でも10%程度しか増えないことがメリットです。1年以内で返済できる環境を作れば、手数料を削減できるかもしれません。
問題は、融資というのは1年程度で返済できるほど甘くないものです。数年かかって返済していることもあるでしょう。この場合は、手数料が毎年10%未満とは言え、発生していくこととなります。完済した頃には、元本の20%以上返していたなんてこともありますが、契約上仕方のないことです。

手数料を削れるかどうかが資金調達で重要

大事なことは、資金調達で手数料を削れるだけの状況が生まれるかどうかです。意外と手数料を削るには、金利の比較や手数料の計算など、借りる前から行っていく部分は多くあるでしょう。手数料が軽減されているようなら、より安心できる状況は生まれやすいのです。
ファクタリングにしても、銀行の融資にしても、手数料を削るチャンスは借りる前にあります。会社の比較を行いつつ、どの会社を利用していけば手数料が削減されていくかチェックしておきましょう。
できれば方法も先に決めて、手数料のリスクを軽減する取り組みも大事です。