キャッシュフローをしっかり管理するために


キャッシュフローを考える際に重要なのは、入金に対して意識を高めることです。経費や税金の支払い、借入金の返済など支出に関する項目は様々ですが、入金の大半は売上代金です。
小売業や飲食業などを除いた場合、ほとんどが掛取引で1か月間に締日を設けて売上代金を回収することになります。

売上が上がっただけでは意味がない
売上が上がっても代金が回収できなければ意味がありませんので、1日でも早く売上代金を回収するためにも締日までの間に納品と検収を完了することが必要です。さらに売上代金が確実に入金されているかについても確認する必要があるでしょう。
得意先ごとに設定した回収サイトで実際に入金が行われているか常に確認し、支払いが遅れていれば回収に向けて動くことが重要です。

回収サイトの条件が良い得意先と付き合うこと
売上代金の入金が延滞している理由の1つとして、回収に向けての初動対応が遅れていることが挙げられます。
与信管理の面からみても、回収サイトが遅れる得意先や回収サイトの条件が良くない得意先とは積極的に関わらないことも重要になるでしょう。

売上回収と仕入支払いのサイトを調整すること
さらに仕入や在庫に関する支払いの管理として、締日を意識して仕入を調整することが必要です。締日の直前には仕入を積極的に行わずに在庫量を絞っていくことなどが必要になります。
そして売上代金の回収サイトと仕入代金の支払いサイトをうまく調整することもキャッシュフローを改善させるためには必要になるでしょう。

在庫を持ちすぎないこと
また、キャッシュフローを悪化させる要因の1つに過剰な在庫を持っていることも考えられます。
いくら在庫があっても長期間残ったままでは保管費用が掛かるだけでなく、いずれは不良在庫になる可能性もあります。

設備投資に対する回収状況の確認を
事務所や店舗、工場といった建物以外にも、機械装置、車両、備品、ソフトウェアなどの固定資産も経営を行う上で必要になるでしょう。
これらの設備投資で重要になるのは、投資した額に対する回収が行われているかどうかです。導入した資産への投資額を上回る売上や利益がどの時点で回収できるかを把握することが必要になります。

調達した資金の行方にも注目
例えば資金調達に金融機関から融資を受ける場合、借り入れた資金は運転資金と設備資金に大別されます。
借入金で資金を調達する理由は様々でしょうが、基本的には自己資金だけでは資金繰りを賄うことができなくなるために実施するでしょう。
運転資金であれば月末時点で「売上債権+棚卸資産-仕入債務」の式で算出しましょう。
運転資金の金額が膨らまないためには、売上債権の回収を早めること、在庫を減らす、仕入債務の支払いサイトを取引先と交渉して延ばしてもらうといった方法があります。
運転資金が減少すれば借入金から調達する資金も少なくなるでしょうし、設備投資に充てる資金を増やすこともできます。

キャッシュフローが悪化しないために
キャッシュフローを管理していくために必要なことは色々ありますが、中でも先に述べたような特に注意したい部分について再度確認してみましょう。
改善できる部分は早期に改善し、キャッシュフローの悪化で資金繰りがショートしないようにすることが必要です。