営業キャッシュフローのマイナス原因が仕入れや人件費の支出なら?


資金の流れを把握し、管理する上でキャッシュフロー計算書を用いることが重要ですが、キャッシュフロー計算書は、営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローに分けることができます。

この中で、本来プラスであることが望ましい営業キャッシュフローがマイナスだった場合、マイナスだから業績が悪化している!と安易に判断してしまわず、仕入れや人件費などが増えていないか確認してみることが大切です。

 

営業キャッシュフローとは?

営業キャッシュフローは、商品販売や仕入れ、経費、人件費など、営業活動において発生するキャッシュの動きをあらわすキャッシュフローです。

営業キャッシュフローを作成する方法には、直接法と間接法がありますが、直接法では様々な支払いなど取引ごとの総額でキャッシュフローを表示します。

間接法は損益計算書の税金等調整前当期純利益に減価償却費など非資金損益項目等を調整し、キャッシュフローを計算します。間接法ではいくら売上代金が入ったのか、取引ごとのキャッシュフローは確認できません。

ただ、直接法のように取引ごとのキャッシュフローを把握するための作業は手間がかかるため、一般的には間接法が用いられることが多いようです。

 

営業キャッシュフローがマイナスの場合

企業が営業活動を行うのはキャッシュを獲得するためなので、営業キャッシュフローはプラスであったほうがよいといえます。

ただ、マイナスの場合でも事業規模が拡大している段階などは、先に支出が発生することもあるので一概に状況が悪化しているとは判断できません。

たとえば、売上が増加すればそれに伴い仕入れも増やすことになりますし、人を雇用する必要が出てきて人件費も増えることになり、売上分が入金されるより先に支払いなどが増えてしまいます

そのため、営業キャッシュフローがマイナスの場合、業績が悪化しているのか、むしろ業績が伸びているからなのかを確認することが必要です。

業績の悪化か成長段階か判断を

損益計算書では赤字が数年続いている状態で、営業キャッシュフローもマイナスを示しているのなら、業績が悪化していると判断できますが、売上は増加していて黒字なのに、営業キャッシュフローはマイナスという場合は成長段階における支出が先行して発生していると考えられます。

 

営業キャッシュフローがマイナスでも焦らずまずは分析を

研究開発や設備・人材投資をすれば、営業キャッシュフローはその分マイナスになってしまいます。しかし、それが将来、新たな収益源となるものを生み出すのなら、そのマイナスは決して悪いことではないと判断できます。

収益をもとに将来の収益源を育て、不用な資金は資本市場に還元していくことが、理想的なキャッシュフローです。