キャッシュフロー計算書で重要視したいフリーキャッシュフローとは?


手元の現預金をキャッシュ、その流れをフローといいますが、キャッシュフローとは、現金の収支、出入りのことを指しています。

会社が現在、すぐに使えるキャッシュはいくらあるのかを把握しておく上で、キャッシュフローを確認できるキャッシュフロー計算書を作成しておくことは大切です。

そこで、キャッシュフロー計算書を理解するための3つのキャッシュフローの役割と、キャッシュフローを把握するための注意点をご説明します。

 

キャッシュフロー計算書に記載される3つの項目

キャッシュフロー計算書に記載される項目は、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの3種類です。

  • 営業キャッシュフロー 会社が本業でどのくらい稼いだのかを示す
  • 財務キャッシュフロー 資金の調達や返済など会社の財務に関わるお金の動きを示す
  • 投資キャッシュフロー 会社が投資に使ったお金やそれにより得たお金の動きを示す

 

大切なのはフリーキャッシュフロー

3種類のキャッシュフローのうち、営業キャッシュフローと投資キャッシュフロー(通常はマイナスを示す)を足して求めることができるフリーキャッシュフローが重要です。

フリーキャッシュフローは会社が自由に使うことができる資金を示すため、多ければ多いほど経営状態は良好であることを意味します。フリーキャッシュフローが多ければ、融資などに頼らず、自前の資金により設備投資や事業投資などを行うことができるため、資金繰りにも余裕が出ることになるでしょう。

フリーキャッシュフローを増加させるために

事業を維持していくために設備投資を行うことは必要なことですが、固定資産を購入することを調整する、または本業で稼ぐことができるお金を増やすことで、フリーキャッシュフローを増加させることに繋がります。

設備投資を考えるときの適切な範囲

フリーキャッシュフローは多いほどよいですが、いくら業績が好調な会社であっても、数年に一度は設備投資の資金が必要となる場合もあります。

設備に多く投資したタイミングでは、投資キャッシュフローの示すマイナスの値も大きくなるため、フリーキャッシュフローも少なくなってしまいます。

そのため、5年平均を目安に、フリーキャッシュフローがプラスを示す範囲での設備投資に抑えることが望ましいでしょう。

 

会社のキャッシュフローを把握することは重要

設備投資が効果的に実施されることにより、売上増加や経費削減に繋げることができれば、結果として営業キャッシュフローを増やすことに繋がり、フリーキャッシュフローも増加します。

資金繰りを円滑に進めるためにも、キャッシュフロー計算書を5期分程度見比べながら、会社の経営は現在どのような状況にあるのか分析することも必要です。