キャッシュフロー経営って何?どうやって行うの?


キャッシュフロー計算書を活用し、企業の経営をキャッシュフローという観点から分析するキャッシュフロー経営は企業経営の基本です。これから事業を始める企業の方にとっても、既存の企業をさらに成長させようとしている中小企業の方にとってもキャッシュフロー経営をしっかりと学ぶことは非常に重要です。キャッシュフロー経営についての基本的な着眼点について皆さんにご紹介いたします。

1キャッシュフローとはそもそも何?

キャッシュフローというのはキャッシュインとキャッシュアウトの差に注目した指標の一つで、キャッシュフロー計算書という営業・投資・財務の3つの観点からキャッシュフローを分析した財務表で確認することができます。キャッシュフロー計算書をしっかりと理解すると経営を格段に進歩させることができますし、簡単な着眼点を把握するだけで経営の安定化を図ることができます。キャッシュフロー計算書の基本的な注目点を把握しておきましょう。

2営業キャッシュフローの大きさに注目する

営業キャッシュフローについて注目するのはキャッシュフローの分析の基本です。まず
、営業キャッシュフローを分析し、キャッシュフローがしっかりと大きな金額になっていることが確認できればその分投資や財務の支出に回すことができますし、何よりも企業内部に資金が入る体制が整っているので、経営が安定化します。経営安定化の土台は何よりも資金獲得を行い、企業の内部に資金が入り込む体制を整えることが何よりも重要です。しっかりと企業の経営を進めるためにも、まずは営業キャッシュフローを確認するようにしましょう。

3他のキャッシュフローとのバランス

営業キャッシュフローだけに注目しても企業経営はうまく行きません。営業キャッシュフローを確保したとしても投資キャッシュフローのマイナスが大きかったり、財務キャッシュフローが大きくマイナスに傾いている時に企業から資金が流出する状態になっています。このため、このような状態になっている時にはファクタリングなどの資金調達手段を利用して、しっかりと効率よく資金を回収し、企業の経営を安定化させることが非常に重要です。

ファクタリングを利用するのはとても簡単で、売掛債権をファクタリング企業に売却するだけで簡単に資金調達ができます。ファクタリングを利用する時にはファクタリング企業の手数料を確認し、支払いスケジュールを調べておくだけで簡単に利用すべき企業を選ぶことができます。しっかりとファクタリングについて知識を深め、企業経営に活かすように心がけましょう。