キャッシュフロー分析でリスクを発見!その回避法は?


キャッシュフローの状態が悪化している時にみなさんに特に注意していただきたいのがキャッシュフローの悪化や経営リスクの発見です。せっかくキャッシュフロー分析を行っているのに、その分析を十分に活かすことができないのであれば宝のもちぐされになってしまいます。キャッシュフロー分析を行う上で欠かすことができない着眼点をご紹介いたします。

1キャッシュフローの推移に注目する

キャッシュフロー分析を行う時に特に皆さんに注意していただきたいのが、投資キャッシュフローの推移と財務キャッシュフローの推移です。推移ということは継続してある程度の期間のキャッシュフローを比較することがとても重要で、キャッシュフローを一定期間毎に比較し、増減を分析すると経営の方針決定に役立ちます。

財務と投資の両方のキャッシュフローを分析する時にはまず、土台として営業キャッシュフローがプラスになっている必要があり、バランスがとても重要です。営業キャッシュフローは経営にキャッシュフローを利用されている方であればほぼ全ての方が注目しているキャッシュフローなので、この点を無視される方は少ないと思いますが、営業と投資との3つのバランスをしっかりと見極める段階にまで至ると経営方針をしっかりと固めることができます。キャッシュフローについての基礎知識を身につけましょう。

2こんな時には要注意!

キャッシュフロー分析を行う時にはまず、営業キャッシュフローの大きさの分を、投資キャッシュフローと財務キャッシュフローが差し引いていないという、安定した経営状態になっていることを見極める必要があります。

投資があまりに大きすぎたり、財務支出が大きすぎてしまい、営業利益分を割り込み大きなマイナスになっている時には企業内部から資金が流出し続けている状態になり、早急に資金の調達が必要になります。

また、逆に営業キャッシュフローが大きくプラスに推移している時に投資や財務の返済が滞っている時にも注意しなければいけません。

キャッシュフローは常にプラスであれば良いというわけではありませんが、資金が流れ出てしまう環境が継続しているのであれば注意しなければいけません。まずは資金の流れ方自体を改善し、しっかりと資金が企業内部に溜まりながら循環する環境の整備が必要です。ファクタリングのような資金の流れを改善する手段を熟知しておくと経営に大いに役立ちます。企業経営を考える時にはしっかりとファクタリングを有効活用するように気をつけておきましょう。