キャッシュフロー増減額以外の注目点で経営を変える


キャッシュフローを考えることは非常に重要なことです。しかし、なかなか多くの方にとってキャッシュフローを考えるのは非常に難しいものだと思います。キャッシュフローを考えるときにはついつい増減額を中心に考えを巡らせてしまうと思うのですが、実はキャッシュフローを考えるときには増減額だけでなく、何よりもバランスに重視することが非常に重要です。キャッシュフロー分析の初心者の方に詳しくご紹介いたします。

1キャッシュフローはお金の流れを表す

キャッシュフローを考えるときにはまず増減額に目を向けがちになってしまうものだと思いますが、実は増減額というのはキャッシュフローを考える上ではあくまでも二次的に利用するものであって、他により注目すべきポイントがあるのです。キャッシュフローを考えるにはまず、基本的な着眼点を理解することが非常に重要で、基礎知識を身につけることを先行すべきです。

キャッシュフローの基礎知識として把握したいのが、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローのバランスです。しっかりとバランス分析を行わなければキャッシュフローの考え方のごくごくわずかしか活かせていません。しっかりとそれぞれのキャッシュフローのバランスを考えるようにしましょう。

2キャッシュフローバランス

キャッシュフローバランスを考えるときにまず気にしておきたいのが、営業キャッシュフローの大きさです。この大きさが非常に重要な要素で、企業内部に資金がどれだけの勢いで入り込んでいるのかを分析することで、どこまで投資に回せるのか、どれほど財務活動に回せるのかが決まってきます。

営業キャッシュフローがある程度大きくなると投資額も拡大できますし、融資された金額の返済に当てることができる金額も増えるので、しっかりと資金調達ができるようになります。キャッシュフローのバランス分析の基礎としてまずは営業キャッシュフローの大きさが、投資・財務のマイナス分をしっかりカバーできるように心がけてみましょう。

3キャッシュフローを増やしたいときには

キャッシュフローを増加させたい。資金が入る環境にしたいと思うときにはまずキャッシュフローの改善のためにもファクタリングの利用を検討することをお勧めします。ファクタリングを利用するとキャッシュフローが大幅に改善します。

資金の流れが停滞している場合には資金を十分に活かしきれないことが往々にしてあります。しっかりとキャッシュフローの停滞を改善するように心がけておきましょう。