投資キャッシュフロー!活動期にはどうやって変化する?


企業の活動が活発になっている時に注目しておきたいキャッシュフローのポイントは投資キャッシュフローです。企業が成長するには投資を欠かすことができず、投資がない場合には成長が止まってしまい、キャッシュフローの変化が怒らなくなってしまいます。キャッシュフローを考えるときに欠かせない成長と投資の関係について注目してみましょう。

 

1企業の成長には投資は欠かせない

企業の成長を考える時に欠かせないのが投資です。投資というのは非常に重要なもので、いつリターンを得られるかわからない物に対して計画をたて、その計画外の出来事に対してしっかりと対処していくことが非常に重要です。企業の経営にはこの投資計画とそのズレへの応対が欠かせません。このため、投資にどれだけの資金を回せるのか、どれだけの余力を残しておくのかと分析するにはキャッシュフローの計算をしなければいけません。

投資キャッシュフローの分析を行うためにはまず、投資キャッシュフローがどのように変化するのか、またどのような原因で変化するのかを抑えておくと役立ちます。基本的なポイントでも構わないので、キャッシュフロー分析の基本を理解しておきましょう。

2投資キャッシュフローの変化

投資キャッシュフローは営業キャッシュフローと財務キャッシュフローの二つの要素と互いに関連しながら変化するので、お互いの値を比べて数値の分析を行う必要があります。

投資キャッシュフローは投資が拡大している時にはマイナスの値が大きくなりますが、この値が大きくなっている時には合わせて財務キャッシュフロー・営業キャッシュフローの方から資金の流入があり、それがどれほど経営に悪影響を与えていないかの分析が必要です。このため、キャッシュフロー計算書だけでなく、このほかの財務諸表との比較が非常に重要です。資金不足などに陥っていないかどうか常にチェックするように気をつけましょう。

3投資の資金不足に要注意!

投資の資金が不足している時の投資というのは非常に悩ましいものでは無いでしょうか。投資をするには資金が足りないという状態の時にビジネスローンなどの借金を重ねてしまうと財務キャッシュフローの悪化が起こり、営業キャッシュフローの利益ではカバーしきれなくなってしまうことがあります。このため、このような状態に陥った時にはすぐにファクタリングなどの手段を講じて資金調達を行うことが重要です。ファクタリングは借金ではなく、資金の流動性を改善して資金調達を行う方法です。ファクタリングを有効活用して資金調達に活かしましょう。