キャッシュフローに要注意!資金繰りの有料手段はこれだ!


キャッシュフローというのは資金の流れのことで、キャッシュフロー計算書のように資金の流れを明確にした財務諸表などの言葉として広く知られているものだと思います。キャッシュフロー計算書を考える上でも欠かせない資金の流れについて基本的な情報をご紹介いたします。

1資金の流れは経営の命!

資金というのは停滞していて、金庫や銀行の通帳に眠っている状態では実は経営上全く利益が上がっていません。このため、経営状態の方向転換を行う時にはまず資金の流れをしっかりと確認し資金繰りを良好に保つことができるように適切な状態へと方向を転換することが非常に重要です。

資金の流れを見る時にはまず、どこから資金が入ってくるのか(営業・財務)また、どこへ資金が流れて行くのか(投資・財務)などの注目ポイントをしっかりと把握しておくことが重要です。キャッシュフロー計算書の中の財務キャッシュフローはとくにこの資金の流れを考える時に出口にも入り口にもなるので、資金の流れを考え、キャッシュフロー計算書を見るようにしましょう。

2資金が停滞する原因は?

さて、資金の流れを妨げるポイントにはどのようなものがあるのか把握しておくのは資金繰りを考える時に役立ちます。資金の流れの良さを妨げる原因としてまずしっかりと考えておきたいのが、売掛金と手形です。売掛金も手形もサービス提供や商品の納入のタイミング(資金が目減りするタイミング)と支払いのタイミング(資金が増加するタイミング)が不一致になっているので、この支払いまでの期間はどうしても資金繰が悪くなる方向に経営が傾いていきます。

資金繰りを改善させようと考えている時にはまず、このような資金の停滞の前に対策を立て、資金不足を補っておくことが重要です。売掛金や手形がどれほどあるのか常に把握しておくようにしましょう。

3資金繰りの改善にはファクタリング

資金繰が悪化している時にはファクタリングなどの方法を利用して資金繰りの改善を行うと経営状態を改善することができます。ファクタリングというのは売掛債権をファクタリング企業に売却することで資金調達をする方法で、手数料分目減りはするのですが、資金を早急に手に入れることができる非常に優れた手段です。ファクタリングを利用すると資金繰が悪い時に即座に資金調達ができるので、多くの企業で好まれて利用しています。資金繰が悪化している時にはこのような手段をしっかりと利用してキャッシュフローの改善を行うようにしましょう。